ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スーラー

20060403201517まったくね~。
早く帰りたいけど、まだ打ち合わせ。ダラダラの。
でもお腹がすいたので、スーラーいっといた。
なんでもダラダラしたものって、興奮しませんね。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/03(月) 20:15:17|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酸辣湯麺@揚州商人

20060315203910昼がひどかったので、半分残したせいで、夜はとっととお腹すいた。
それにね~、明日に予定されていた一大プレゼンは延期されてしまった。・・・で、また書き直しです、企画書。
まーそんなこたーどーでもいい。
会社帰りに揚州商人。ここ、初めて行ったの。チェーン店だし、どうせ大したこたないだろうと期待していなかったが、ここのスーラーはコストパフォーマンス高い!
うまいよ!
希望としては、この麺やや細すぎるんじゃないか?ってところだけど、許せる範囲。
なんだ、ここならもっと頻繁に来てもいいね。
  1. 2006/03/15(水) 20:39:16|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

これが元祖スーラーなのか

20060116193905ここは酸辣湯麺の「元祖」として知られているお店。
で、味の方は、一言で言うと「上品」。辛さも酸っぱさも、一般的な人々にとって「ちょうどいい」と感じる度合いなんじゃなかろうか。傾向としては、神保町三幸園がこの系統に当たると言える。
延び延びになっている「酸辣湯麺新年会」はここでやりましょう!帰ってきたらのタスクだね。
  1. 2006/01/16(月) 19:39:05|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪ミ前最後のスーラー

20060116193018夕方から赤坂へ。
せっかくだから、元祖スーラーの赤坂栄林にて。
  1. 2006/01/16(月) 19:30:18|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

以心伝心のスーラー湯麺

20051219124504今朝「今日はスーラーかなあ・・・」と思っていたら、DEBが「スーラー行きませんか?」と言ってきてくれた。大切ですよね~、こんな以心伝心。
そんな気心の知れた素敵なDEBとももうすぐお別れです。ああ、人生って感じですね。「サヨナラだけが人生だ」ってことですかね。とめてくれるなおっかさん、てヤツですよ。(わかるかな~、わっかんねえだろうな~)
  1. 2005/12/19(月) 12:45:04|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オーソドックスなスーラー

20051118125125ちょうど朝から酸辣湯麺が食べたいなあ・・・・しかし胃の調子が今ひとつだし、どうしたものかと思っていたところへ、もぐもぐ隊からスーラーのご提案。なんと、日頃経費節約のために「おにぎり人生」を送っているDEBまで同行。そうなりゃ、胃の調子のことなんか、どうでもよくなってしまい。
スーラーじたい本当に久しぶり。一応、胃のことを考えて「激辛」じゃなくて、「通常の」スーラーにしてみる。
だけど、「通常」は、実は「激辛」より辛みが強いの。久しぶりに食べたら、強烈に辛さを感じて、心拍数は上がるし、末端はしびれてくるし・・・本当にね。
お昼食べたらやたら疲れてしまいました。
そして午後は、強烈な胃の不快感と戦うことに。自業自得ってことですね。でも、食いたい者も食わない人生なんて・・・・。
  1. 2005/11/18(金) 12:51:25|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おやまさん来たる!

20051014115706いや~、今日は楽しいランチだった!
実は朝から「最近、スーラー食べてねぇなあ~」と思っていたところ、DEBから、「今日おやまと一緒にスーラー行きますか?」とお誘いを受け、渡りに船!以心伝心てヤツですね。これ重要です。
おやまさんというのはDEBの大学時代からの親友。ブログのおかげで彼の誠実なお人柄を垣間見て、私は心からの感動を覚えていたので、最初から親近感があり、初めて会った気はまったくナシ。こういうのって素晴らしいなって思いました。
てゆーかね、ブログが素晴らしいんじゃなくて、同僚の友だちまで友だちになるってことが素晴らしいと思うの。会社で、自分の友だちの話なんかができて、どーゆー人で、あーしたこーしたってゆーよーな話をね、できるっていうこと自体が余裕ある証拠。
そしてね、素晴らしい友だちを持っているDEB、その友情の深さ、そういうものが素晴らしいと思うわけ。友情は人生の基本ですからね。

そして、いつもの鳳鳴春に行き、話題は当然「ハセガワ姉さん」に決まってます。
おやまさんは当初、我が「ガミガミ主義」を見て、ハセガワ姉さんというのは我々が作り上げた架空の人物で、またSEO効果などを検証しているのかな?と思っていたが、実在の人物と知って驚いたそう。

ところで、今日の議題「最近の姉さんについて」だが、最近の姉さんには変化が。
もう、かなり久しく、姉さんの口から「ほんっっと信じられない!」を聞いていない。はっきり言って我々は面白くない。だって私の夢は、姉さんから「ガミガミさんて、ほんっっっっとバカ!」そして「ガミガミさん、説教しますよ!」と言われることですからね。
・・・でも、そんな気配は毛頭ナシ。実際問題、これは非常によろしくないことなのだ。
我々が注目したのは、姉さんの、一言で言うと、あの「傍若無人さ加減」であり、あの強烈なパワー、あの、おかまいなし感、「なんなんだこの女!」感、猪突猛進感、そーゆーものを見て喜んでいたわけである。それが姉さんの良さだった。
今、姉さんから、それらは影をひそめてしまい、我々としてはネタに困っている。会議の時に姉さんが口を開くと走る、あの緊張感!それが我々は好きだった。借りてきた猫のような姉さんは面白くないのだ。我々にとって面白くないだけでなく、たぶん姉さんにとってもよくないことなんじゃないか?
だって今こそ姉さんが、猪突猛進すべき時なのかも知れないんだもの。

私は深く考えてしまった。
もしかしたら、私、姉さんによけいなことを言いすぎてるかも知れない。たぶんそうだと思う。
それはよくない。まことにもって、よろしくない。ほんっっっと、いけないと思う。
今日わかったことだが、姉さんというのは決して侵してはいけない聖域のようなものなのかも知れない。姉さん=サンクチュアリ説である。だから、慎むべくはこっちのほうなのだ。聖域はなんとしても守られなければならない。私は間違っていた。
私はやっぱり、姉さんには、大口たたいて実行する人でいて欲しいと思う。そういう姉さんが魅力的だ。そして我々は、そーゆー姿をネタに、酒を飲みたいわけだ。それが理想的なフローというものである。
だから私、もう金輪際、姉さんによけいなこと言うのはやめようと思う。
姉さんも、私が言ったことはなかったことにして欲しい。それは都合がよすぎることは承知の助だけど、でもひとつ、そんなイメージでお願いします。
酒飲んで説教する以外、あなたの場合、何でもありです。
  1. 2005/10/14(金) 11:57:06|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

激辛スーラー

20050803123304今日は久しぶりの酸辣!
なぜだろうと思ったら、前回の有楽町駅前の激まずスーラーのおかげで、ちょっとしたトラウマになっていたんだった。
今日は鳳鳴春。やっぱしうまいわ。
暑い中、辛いものを食べて、やっぱり手足がしびれる感覚を今日も得た。これって、一種の快感よね~。


  1. 2005/08/03(水) 12:33:04|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最悪なスーラー

20050712123907いや~~、やられた
今日は寒いので、暖かいものが食べたくなった。
→そして餃子を食べたいとも思った
→以前abuyasuブログで紹介されていた、「レモンそば」を食わせる有楽町駅前の店のことを思い出した
→行ってみた
→スーラーと餃子を発注
なんていうか・・・・。
まずい。

この大変な不毛感。スーラーと餃子で1520円。とんでもなくバカ高く感じた。
ハセガワ姉さんは「ザーサイ入り豚そば」を発注するも、あまりのしょっからさに2口食べてギブアップ。以降、肩を落として言葉少な。
私はDEB隊員と共にスーラーを、ありとあらゆる調合を施し、どうにか食える味付けにしたが、それでもね~・・・・。
ああ、この不毛感。

隊員のコメント:
DEB「これが600円なら満足するが・・・」
O岡「駅前だから成り立つビジネス。日本人をなめトンのか?」

おまけに、入店時(12:30)には超満員だったこの店、13:00を過ぎたら閑散。要するに、昼時に何も知らない通りすがり客が駆け込んでくる店だってこと。
高い授業料を払いました。こんなものを紹介したabuyasu氏を恨みますくっそ~!
 中華料理 中園亭
 東京都千代田区有楽町2-8-?
 TEL:03-3201-2032
 営業時間:11:00~翌4:00
 定休日:不明
  1. 2005/07/12(火) 12:39:07|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

完食@『煌蘭』

20050706125705
あまりの辛さに、指先がしびれてきた。とはいえ、完食。たいへん満足!


でもね、どうだろうか?
やっぱり鳳鳴春のほうが、コストパフォーマンスで優ると思う。
それを言うなら、やっぱり神保町の三幸園はさらに素晴らしいということになる。
  1. 2005/07/06(水) 12:57:05|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ここは胡椒系スーラーね

20050706124802「白い」スーラーだが、素の味は、胡椒の辛さ。そして、とってもとろみが強い。スープは上品な薄味ながらもきっちりダシがとってある感じ。
これはこれで、悪くない。
でも、辛みも酸味もないのよね。

そこで、「黒酢」「醤油」「ラー油」「鷹の爪のオイル」「普通の酢」を大量投入。
しかも「鷹の爪オイル」を特に大量投入してしまったら、もう、から~~~~~~~~~~い

でも、うまい!
  1. 2005/07/06(水) 12:48:02|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

新規スーラー@『煌蘭』

20050706123602今日は、懸案だった『煌蘭』(丸の内MYプラザB1)へ。
ここは、ハセガワ姉さんによると「イマイチ」、mixiのスーラー湯麺探索隊メンバーによると「満点」と、評価が2極化している店。
そーゆーことなら、私が出向かずしてどうするのか!!
というわけで、行ってみた。

単品で¥1260とは、いいお値段。
それ相応の味であれば、文句はないね。

というわけで、長らく待たされたあと、出てきたのは「赤」ではなく「白」のスーラー。

  1. 2005/07/06(水) 12:36:02|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スーラー餃子アーーーーーーンド麺!

20050624122406今日はニコニコあやこたっての希望でスーラー餃子やさんに。ニコニコ先生も、残り少ない丸の内グルメライフを満喫したい模様。
というわけで、いつもの「餃子」ではなく、そこに「麺」が投入されたものを発注。

【結論】
ここでは、
やっぱり「餃子」に限る!

ちなみに、同店にハセガワ嬢が乱入してきたのを我々は見ていたが、彼女はこちらに気づかなかった。
見てるようで見てないハセガワ・・・

  1. 2005/06/24(金) 12:24:06|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スーラー餃子

20050614121757昨夜は酒をいっぱい飲んだので、酸っぱいものが体によろし。
というわけで久々のスーラー餃子。前回(初回)は、やたら甘い印象が強かったのだけど、今日はそうでもない。
前回はやたら量が多い印象だったのだが、今回はそれもない。
というわけで美味しく完食。

なんか、疲れてるからなのか、最近「お酢」と「梅干し」に凝っているのよね。梅干しなんか毎日1個食べないと気が済まないくらいになっている。
でも梅干しって、こだわるとバカ高いのよ。

  1. 2005/06/14(火) 12:18:07|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。