ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

城ヶ崎

20060716172408何年ぶりかしらで伊豆高原。このあたり、しばらく行かない間にずいぶんいろんなお店が増えたものです。でも、夜は早いのね。夕食にはまだ早いと思ってわざわざ時間をつぶし、満を持してお魚料理のお店に行ったらもう閉店だった!そりゃないよ~・・・。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/16(日) 17:24:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

東京帰ってきた~(ああ、いやだ!)

20060507170328東京に帰ってきた。ホッとすると同時にいや~な気持ち。だって2つの悲劇的な事実を意味しているじゃないですか。
1)この楽しいひとときに終止符が打たれる
2)明日からまた仕事
あーいやだ!いやだ!いやだ!いやだ!いやだ!いやだ!×100000
と言ったところで、この事実が変わるわけでなし。
でも言っちゃう。いやだ!!!!!!

それにしても長い道中を1人で運転してくれてありがとう。代わってあげられなくてごめんね。でもとても男らしいと思ったわ。
でも、やっぱり次はオートマにしてもいいんじゃないの?とも思ったわ。
  1. 2006/05/07(日) 17:03:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

日本海に出た

20060505180034温海温泉(山形県)に向かうため、日本海に出た。出た瞬間「暗い!」と思った。思ったというより、実際暗いのよ。かけているBGM(なんだったっけ?ラテン系?)がまったく風景と合わないので、CDを替えようと思ったが、手持ちのCD数十枚すべてが合わないことを瞬時にして悟ってしまった。
こういう景色には、たぶん、民謡か演歌か中島みゆきしか合わない。
日本海見るのは3度目だけど、こういう海を見ると即座に鎌倉に帰りたくなる。裏日本の海は厳しすぎて、脳天気な風土で育った私にはつらく感じる。
それにしても、今日は一体いくつの山を越えたの?
  1. 2006/05/05(金) 18:00:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

つくしんぼ

20060504163619子供の頃は、自分ちの近くでもたまに見かけたけど・・・。見なくなって何年になるんだろう。
季節を告げるものが、しかるべき時期にあるって、いいものだなあ。
  1. 2006/05/04(木) 16:36:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

猪苗代湖

20060504163612猪苗代湖と言えば、あのお方。
「ワグワグすんねぃ」
・・・と敬意を表してつぶやいてみるも、実際ワグワグするどころか、我々は宿泊地めがけてとっとと旅立たなければいけない。
今回の旅で思ったのは、日本旅館のシステムどうにかならないのか?ってこと。だって、旅館では夕飯はたいてい遅くても7:30とかそのあたり。でも、そんな時間に食べる必要本当はない。旅館都合に合わせてチェックインしなければいけないのはどうなのか?という点。割烹旅館なら話は別だが・・・。

  1. 2006/05/04(木) 16:36:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

こんな風景初めて見た

想像すると、この川の上流でも下流でも、鯉のぼりが横断しているんだよね、きっと。
にぎやかで、川も喜んでいるでしょう。
koinobori5891.jpg
  1. 2006/05/04(木) 15:30:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

金忠でお味噌を買う

200605041503392
kanecyu.jpg
DSC05897.jpgお味噌汁はたまにしか作らないけど、だからこそ味噌はいいものを使いたいと思っている。で、金忠というみそ蔵に来てみた。ここはよかった。味噌2種類と、醤油お買い上げ。実家にも送る。
こんど大根の千六本のお味噌汁を作ろう。
会津若松より喜多方のほうが町としてきれいなんじゃない?
  1. 2006/05/04(木) 15:03:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

喜多方ラーメンを食べる行列&発注後の待ちにイライラする

20060504143334喜多方に。
目的はラーメン食べるのと、お味噌やさんに行くこと。
で、街道沿いはどこもかしこもラーメン屋ばっかし。そんで、どこもかしこもアホみたいに混んでいる。「行列してまで食べることはない」の判断にて、「別に食べればいいんだからどこでもいいじゃん」と、比較的空いてそうな店に入るも、それとて入店までに30分以上待ち、発注してから30分くらい待ち・・・。彼は私を短気だと言うけれど、待つの苦手です。単純に。しかも、そうまで苦労して出てきたものが、死ぬほどうまいというならともかくねえ・・・。
まあ、こういうのイベントの一種よね。鎌倉に来たら鳩サブレー買うようなもんでしょ。(でも鳩サブレーは美味しいけどね!しかも我々ジモティの生活に密着してます)
  1. 2006/05/04(木) 14:33:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

会津若松はう~ん・・・

DSC05886.jpg暗く、いやな気持ちになって飯盛山を出て、市内に向かったけれど、どこに行けば美しいゾーンなのか、そもそも知らない。
ガイドブックによると、古い蔵を改造してカフェになっていたりという試みがされているらしいのだけど、行ってみたらなんていうか・・・・・・。
漆器屋さんも見たけれど、なんていうか、う~ん・・・。観光客向けでも、それなりのグレードのものを陳列すべきなんじゃないでしょうか?実際、私はしゃれたものあったら買ってもいいと思っていた。
漆器業界全体に言えることだけど、デザイン面どうにかしないと、漆器文化は廃れる一方だと思うのよね。ただでさえお手入れがめんどくさい漆器。よっぽどな家でない限り、いまや家庭の日常使いからは遠くなっているわけだから、もう少し「欲しい!」と思わせるものを作ったほうがいいと思うのよね。で、そういうものを探そうと思ったら、漆器の町とうたっているところではなく、高島屋に行ったほうが早いってことに・・・。それってどうなんだろう。
  1. 2006/05/04(木) 12:30:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

さざえ堂

DSC05872.jpgファシスト党の遺物と共に、見たかったのがさざえ堂。これに関しては、以前、渋澤龍彦の旅行記で、見てみたいと思った。建築的に面白いので。
どんなにすごいのかと思っていたけど、実際なんというか、拍子抜け感が否めず。いやもちろん、建築物としては最高に面白いのだけど、この飯盛山という場所じたいが、なんていうかあまり気持ちのいい場所ではなくて、とっとと見たらとっとと去りたい感。
要するに、白虎隊の話は悲劇であって美談ではないと思うのよね。彼らは時代と体制の犠牲者であって英雄ではないと思うのよね。だから、なんていうか・・・なんか違和感あり。美化して語り継ぐことには強烈な抵抗を覚える。
ここには見たかったものの歴史的価値を確認しに来ただけ、という感じ。
DSC05869.jpgさざえ堂の内部。
  1. 2006/05/04(木) 11:30:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ファシスト党の遺物を見る

DSC05856.jpg
20060504110039チカコちゃん、信じられる?こんな福島のド田舎に、ローマの塔があるのよ。これは三国同盟時代、白虎隊の自決の話を聞いたムッソリーニが、武士道精神をたたえて会津に寄付したというもの。はっきり言ってヘドが出るような話だと思う。君主のために自決する忠誠心が美徳だとされるような思想。おぞましい限り。
でね、裏側にはこんなものが。
spqr5858.jpg
解説によると、この下には、延々とファシスト党の能書きが刻印されていたらしいんだけど、アメリカ軍の上陸によってその部分は削られてしまったらしい。なんて書いてあったのか非常に知りたかったけどね。
まあ、いずれにせよ、こんなものに異常に関心を示しているのは私くらいなもの。でも本当は、ロムルスとレムス像がある(実際、日比谷公園には今でも残っている)と聞いていたのに、それは見つからなかった。
  1. 2006/05/04(木) 11:00:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

磐梯山@朝10時

20060504100613信じられないことだが、朝の8時には起床して(!!!!!)近くで朝食をとったあと(なんて健康的なの!)会津若松をめざす。私としては、飯盛山にある、三国同盟の際にムッソリーニが寄贈したローマの像を見たいので。
車窓から磐梯山が見える。宝の山と歌われているから、もっともっとすごいのかと思っていたんだけど、わりかしそうでもないと思った。きれいなことにかわりはないけど。

  1. 2006/05/04(木) 10:06:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ヤンキーの町、郡山でラーメンを食べる

20060503200017夜は急激にラーメン熱が高まり、駅前に行って通行人に「うまいラーメン屋を知りませんか?」と聞き、きれいなお姉さんが教えてくれた「くさび」(だっけ?)という店に行ってみた。
どうでもいいが、この町の若い子はみんなヤンキーみたいだ。すれ違いざまにやたら目が合う確率高し。なんか四方八方にガン飛ばして歩いている男の子が多いのよ。・・・まあさー、そんなにいきがっても、どうせ口を開けば某社の社長のようなしゃべり方なくせにね~。ラーメン屋でも、隣に座ったヤンキー2名が店のかわいいお姉ちゃんにしょーーーーもないいちゃもんつけてて、いやな気持ちになった。まあヤンキー文化なのかも知れないけど。いずれにせよ、あんまり好きじゃありません。
  1. 2006/05/03(水) 20:00:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

まだ桜

20060503183625福島では、終わりかけながらも桜がまだ咲いている。私たち、今年何本の桜を見たんだろう。
  1. 2006/05/03(水) 18:36:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

きのこ岩@郡山

20060503183333郡山に着き、いよいよ疲労と睡魔のピーク(だって、昨日からほとんど寝ていないんだもの!)。ホテルのチェックイン時間を無理やり早めてもらって(このフレキシブルな対応には感動した)10時には部屋に入って爆睡。夕方起きて、近所のお散歩に。「きのこ岩」という奇岩のある丘にのぼる。
kinoko5851.jpg異様な形の岩が、そこだけポツンとあるんだけど、なんか怖い感じ。人は見慣れないものには恐怖心を感じるものだ。
  1. 2006/05/03(水) 18:33:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

三春滝桜@朝8時

miharu5844.jpg小名浜から今日の宿泊先である郡山をめざす車窓から、川沿いに咲く満開の長い桜並木と、そこに30匹くらいの鯉のぼりが揺れているさまを見た。春が遅い東北では、桜と鯉のぼりが同じ時期なんだ!!
そして、阿武隈高原に来たら、4月に見たいねと話していた「三春滝桜」が至近距離だってことを偶然知る。当然見に行くでしょ、と急遽向かうが、現地に来てみたらすでに終わっていてこの通り。
桜の前で農作物や手作りお味噌を売っているおばあちゃん、その名も宗像アサヨ氏が、見に来た観光客に「あんたらインターネットで調べなかったのかい?」的なことを言ったのには超ウケた。
ちなみに私はおばちゃんから梅干しと、ふきのとう味噌をお買い上げした。
miharu5845.jpg福島ではどこでも、鯉のぼりと共にタテ位置の派手なのぼりが掲げられている。どの鯉のぼりも東京、というか、マイホームタウン周辺で見られるような安っぽいものではなく、古式騒然とした伝統的な色使いに錦糸がたっぷり、という派手で重厚なもの。
こういうの、日本の風景だ。いつまでも残して欲しい。
  1. 2006/05/03(水) 07:57:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

塩屋埼灯台@朝6時

20060503060005この世のものとは思えない朝の幻想的な光景は、早起きした人だけの特典だと思った。
onahama5839.jpg
onahama5838.jpg
  1. 2006/05/03(水) 06:00:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小名浜(福島県)

20060503052704始まりましたゴールデンな1週間。
(・・・といっても、これを書いている時点であっけなく終了しているのだが)
まあとにかく、このアップデート時刻を見て!朝の5時に福島県は小名浜というところにいるわけなんです。
というのも、東京→福島の渋滞回避のためには朝6時には都内を出た方がよいとの情報を得たものの、朝に弱い我々にそんなことは不可能。だったら前日に出ようってことで、夜中に出発。そーして、常磐ハワイアンセンター近くの、どっかわけわからないところで仮眠をとったのち、朝日と共に行動開始した、というわけ。

ちなみに今回の旅。テーマは「ふだん触れない日本の田舎」ってことで、東北です。
とはいえ、GW直前に宿を探すという困難極まる作業の末、行程は「あいてる宿があるところ」。宿泊地は郡山→猪苗代→温海→鳴子という3県を強行突破する無謀なプラン。これだって本当は平泉に行きたかったんだけど、あまりに遠いということを知り、断念したわけよ。
そして、このあと遠くに見える灯台をめざした。
onahama5834.jpg
  1. 2006/05/03(水) 05:27:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

20060321161559は、波に洗われて丸くなってる。
人もまた真なりかな。
でも、やっぱり丸くなるには早いと思う。私は。
  1. 2006/03/21(火) 16:16:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

私の影

20060321161549目の前の富士山や、海、松の大木に比べたら私はなんと小さな存在なのだろう。
でも、堂々と生きる。やりたいことをしたいようにやって、大きな声で言いたいことを言う。そして後悔はしないこと。
  1. 2006/03/21(火) 16:15:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

富士山を見たらつまらないことは忘れなくてはいけない

20060321161208本日の2大テーマのもうひとつは「富士山を見る」。松で有名な三保に来た。目の前に富士山がドーン!(写真では今2L夫人)この感動は写真には収まらない。
最近、私にはいろいろなことがあり、気分的にかなりダウンしていたが、この美しい富士の堂々とした姿を見ると、モヤモヤしたものを抱えているのが馬鹿馬鹿しくなる。というか、心の疲れが消えていくのだ。偉大な富士山。また、会いに来ますのでよろしく。
  1. 2006/03/21(火) 16:12:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

清水でお茶を買う

20060321151210今ではめっきり見かけなくなった、昔ながらの茶箱でお茶を販売しているお店を見つけ、入ってみた。
石貝茶舗
清水江尻東3丁目8-22
0543ー66-0777
ここは、100年以上、同じ場所で、空襲をもかいくぐり、今に至るまでお茶屋を続けている由緒ある店なのだ。味のあるご主人が、30分以上に渡って、その歴史と家系、現状のお話をしてくれた。
  1. 2006/03/21(火) 15:12:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

執念で見つけた寿司屋

200603211503162トクちゃんへ。
結局、よくわかんないけど、寿司屋らしき店を発見したのよ。それが、ここ。
空腹もピークで「機嫌の良さ」にも限界を感じていたため、ここに入ったわけ。マジで食いっぱぐれるのかと思ったわ。だって、清水はとにかく営業している店がないのよ!!

2006032115031620060321140049.jpg
マグロづくし(あまりの空腹に写真撮ることなんかすっかり忘却の彼方!)とか、なんとか頼んで、どうにか食べられた。
で、思ったことは、やっぱねー、魚はマイタウン鎌倉で食べるほうがよっぽどいい。
ただし、店内に設置されたテレビで野球(日本ーキューバ)をやっており、8回くらいから見ることになった。店のおばちゃん衆と一緒になって注目する。笑ったのはおばちゃん1は、野球より、この後放送されるエスパルスの試合で頭がいっぱいだったこと。
「野球世界1とエスパルスとどっちが重要なの?」と聞いたら、間髪入れず「そりゃエスパルスだよ!」との答え。なんかとてもよかった。サッカーが地元に密着しているさまを実感できた。野球のルールはよくわかっていないおばちゃん1が、オフサイドを理解しているのかどうか、知りたかったけどね。
寿司はともかく、とても楽しいひとときだった。寿司を食べに行ったのではなく、野球を見に行ったってことにする。
  1. 2006/03/21(火) 15:03:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

清水漁港で魚を食べたいのだが

20060321132411思い立って清水。本当は焼津を目指したが、遠くて断念したのだ。
そんで、今日の2大テーマのひとつ「うまい魚を食べる」。清水についてウロウロするも、魚を食わせる店らしきものは見当たらず。タクシーの運ちゃんに聞いてレコメンドされたここに来てみたが・・・でもダメだった。単なるバイキングだった。
清水でわかったことは、ここはまともな店で魚を食べる文化がないということ。
  1. 2006/03/21(火) 13:24:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

寂光の滝

20060305160017というところに来てみた。紅葉の季節はいいかも知れない。
やっぱり水の音っていいよね。滝の音、せせらぎの音。
  1. 2006/03/05(日) 16:00:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
これ以前の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。