ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

精根尽き果て家路につく

すごかった。文京区方面で行われた最後の戦い。
戦いというのは最後はおだやかなもので、そのおだやかさの中にすさまじさがあるものだ。
敵は言った。
「話はわかる。君たちの立場も理解した。我々にも非があった。
しかし、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金なら払わん」。
もう我々はこれ以上、無駄な流血を避ける決断をした。泥沼の地上戦を避け、相手の要求を呑む、ということだ。
しかしながらこの
もんのすごい敗北感
が、疲労に拍車をかけるのであった。
まあ、とにかく、終わったことは終わったのだ。少なくとも今後は、前を見て歩ける。
言葉少なに地下鉄に乗り、私はそのまま家路に向かう。
銀座で降り、松屋に寄って、「蜂の巣」地のバスタオル2枚買う。こういうのが、なんとなく幸せなのかも知れないとふと思った。うまく言えないが。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/22(火) 20:08:26|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

濃い赤坂の夜@うまや

Hのパンク侍Sさんを交えて、赤坂「うまや」にて、人のスカウティング活動。
男の人は、夜の席で仕事の話をするのを好むが、私はその限りではなく、なかなかトップギアに入らないのだが、私のばーいニュートラルに人を観察するところが使命だろう。で、話はいい感じに進み、うちのチームはますます発展的になる予感。
そんなことより、参ったね。
おぼろ豆腐を食べたお皿を片づける際、店のお姉ちゃんが、ぼたぼたぼたっと、しょうゆを
私の白いシャツの右袖に・・・・
やってくれた。
私のお気に入りの、真っ白の、イタリアで買ったシャツ。
あわてて洗剤やらなにやら持ってきてもらうが、シミになってしまい、もうほんと、しばいたろか!(クゴちゃん風)って感じだったけど、あわてて会社に戻り、Tシャツに着替えて(ヨガ行く用においてあった!)、シャツは店がクリーニングに出してくれることになった。そーゆー意味では対応よし!
でも最初から、気をつけて欲しかったけどね。
  1. 2006/08/22(火) 00:59:49|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

金持ってる会社は違うね!

20060818180928関連会社の営業に付き合って、丸の内にある中古車買取会社の本社に行ってきた。ウワサには聞いていたけど、やたら豪華。
ここまでする意味がどこかにあるのでしょうね、きっと。
そんなことより、見覚えのある顔たちに会えて嬉しかった。概ねみんな元気そう!また、飲みにいきましょう!
みっちゃん、相川くんたちとは0905で合意。楽しみにしてます!
  1. 2006/08/18(金) 18:09:30|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよD-Day!

明日はいよいよノルマンディ上陸作戦決戦の日なのだ!!!
どんな攻防が繰り広げられるのか、今日からワクワクしちゃってしょうがない。一緒に上陸する同僚には「明日何着ていく?」まで聞いちゃった。
この異様なキャッキャぶりを見て、彼は「そのメンタリティ、絶対おかしいよ!」って言うのよね。「絶対ヤクザか火消しだよ」だって。・・・まあ、そうなんだろうけどね。
別な人(上司)は、私があまりに嬉しそうなのを見て、怪訝そうな顔をするので、
「いや~、こういうことでもさー、楽しまないと、やってられないじゃん!」って、言っておいた。そしたら深くうなずいて「さすがだね。その姿勢は偉いよ」だって。真面目な人というのはどこまでも真面目なものだ。
・・・単純に楽しみにしているのよ、ホントはね。
前述の同僚は、普段の言動を見て、「本当は、中にオヤジが入っていて、着ぐるみを着てるんじゃないの?」って言うけど、いやいやいやいや、本当は女らしいんですけどね、私は。すごく女性的なんですけど。
  1. 2006/08/10(木) 01:01:51|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不満依存症

不満があって、それを自分からは解消しようとしない人ってなんなんだろう?愚痴の総量は相当量、みたいな。
こういう人は、最終的に不満や問題を抱えているのが好きだとしか思えない。一種の依存症なんではなかろうか。
ま、だけど、そんなことじゃモテないよ!あるいは、同じように不満依存症の人としか付き合えませんって。
まーホント、ただでさえめんどくさいんだから、なるべく仕事はシンプルにしていきましょうって!
  1. 2006/08/09(水) 15:44:40|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

会社の宴会

20060804212450これからは「愛のある会社」にしていきましょうってことらしい。
・・・愛、ってねえ。そんな抽象的なもん。どうなんだろう。もちろん何箇条とかを絶叫するよりよっぽどマシなことは間違いないが。
まあ、いろんなヤツが集まっているところで、最終的にみんな実は同じ方向を向いているっていうのが理想なんだろうけど、それはやっぱり事業を軸にされているべきで、何をどうやっていくかはビシッとしてないとやばいんじゃないの?そいつを早いところ解決しましょうってなもんで。
働く個人のほうも、会社を自分にとって「どういう場」と位置づけるかは各自セッティングが必要だろうなあ。少なくとも、30過ぎたら「提案はないが不満はある」は、よしたほうがいいよね。
改善にはふたつありまして、「個人のためによろしい」ことと「組織のためによろしいこと」だと思うけど、両者は常に相反する関係でもないんだから、とにかくみんな問題点を改善することに脳味噌使ったらどうかね。
まあ、頑張りましょう。
  1. 2006/08/04(金) 21:24:50|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワクワクしてきた!!!

遂に、最終戦争の幕開けを告げる旨の連絡あり!!もう私は嬉しくてたまんない!ワクワクしてきたよ~!!!と小躍りしてる。
でもなんでこんなに嬉しいんだろうか?と同僚に聞いたら、
「好きなんじゃないですか?火事と喧嘩は江戸の花」。
そうそう、そうなのよね~~~。私は火事と聞いたら見に行きたくてワクワクするしね。
今まで、そこはかとない皮肉を込めたメールの応酬などをしてきたが、そーゆー神経戦ははっきり言って苦手。どっちかって言うとドンパチは派手にやりたいじゃないですか?
ってわけで、とりあえず地上戦が楽しみ。あ~~~ワクワクする!!ほんっと、抑えきれないこの気持ち!
もし江戸時代に生きてたら、火消しになりたかったね、私。
  1. 2006/08/03(木) 15:04:00|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまに定時に来てみれば・・・・

気分よく定時きっかりに到着したら、「おおっ!どうしたの?」と言われるこの私。
しかしながら、待っているのは不愉快なメール。
ほんとにもう!どいつもこいつもさー。
言えばすべて実現されるのが当然と思っていて、そこに対する対価を払う義務がないと考えているような人たちって、ほんとうにやっかいなもの。
朝早く来てもろくなことがない。不毛な感じ。
  1. 2006/08/02(水) 10:38:49|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のお言葉

うちのボスが去っていく。
まー、いろんな人生があるから仕方ない。
というか、それなりの責任あるポストの人間に対して「引責」のような形があるのは、組織としては極めて健康なことなんじゃないかと思う。
ボスのことは人間的にとても好きだったが、それとこれとは別問題。
まあ、我々はサッカー選手のようなものかもね。行きたいチームに高く自分を売って、監督と馬が合えば試合に使われ、活躍しなければ出されるか、自分から出て行くか。しぶとく生き残る選手もいれば、あるいは別な生きる道を見つけるのもいる。
・・・そーいうこと、個人的にはホント疲れますけどね。
ボスから届いた最後のメール。
明日から違う道を進む事になるわけですが、
まだ我が人生 「満足」 したわけじゃありませんし、
皆さんもそうでしょう?

「満足」 という感情は、何かを手に入れられたときや、
やり切ったときに沸きおこってくる感情です。
自分が納得できなければ、そこに「満足」はありませんし、
逆に他人から何を言われようとも、自分は精一杯やり切った
という達成感があれば 「満足」 できるでしょう。
ところが満足感はそれほど長い期間は続きません。

何故なのでしょう?

それは、追い求めることが人間の性質であり、
挑戦し続けることが人間の本質だからではないでしょうか。

レオナルド・ダ・ヴィンチは

「鉄は使わないとさびる。澱んだ水は濁る、寒さには凍結する。
同じように、活動の停止は精神の活力を喪失させる」

と表現しています。

苦しくても、諦めなければ勝利が待っていると信じて、
共々、それぞれの目の前の山を登って行きましょう!
山頂にたどり着けば、きっと大満足できるはずですから!

「冬は必ず春となる」

また会いましょう!
今までありがとうございました。


折りしも、「満足」についてカエちゃんと語っていた時だった。
私の満足って、なんだろう?
本当に、わからない。
長い旅に出たい。
人生は旅だという人は、本当は旅などしていなく、実際は地に足つけて生きているもので、私のように本当に旅のような人生を送っていると、なんか後ろめたくてそんなことは言えない。
そして、地に足をつけたいなと思っても、結局何かがうまくいかない。そして、また旅に出たくなる。
  1. 2006/07/31(月) 17:10:18|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

わけわかんない用語使うな!!!!

・Webメディアアイディア
・Webバイラルアイディア
・Webコミュニケーションアイディア
・軸
・CRM
etc.....

それらが明確に何を指すのか、あなた方で理解してから、そういう言葉を使うようにしません?時間もないことですし。そのうち、怒りますわよ。
  1. 2006/07/20(木) 16:56:21|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キティちゃん人形焼

20060720130310お仕事でサンリオさんへ。
今ってキティちゃんが教習車になってたりするのね。キティちゃん誕生の時から知ってる私としては、当時「いちご新聞」も「リリカ」も買ってました!という話をいっぱいしたら、担当者さんが帰りがけに、「そんなに好きなら…」とお土産を持ってきて下さいました。ふふふ。
  1. 2006/07/20(木) 13:03:21|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

夢や希望がないとね・・・

不毛・・・っつーか、はっきり言って大丈夫なのこの人たち?と思う某社での長いお打ち合わせを終えて、あまりに心配なので今日の要点をしょーもない飲み屋でドキュメントに落とし(私はニクが食いたかったのに!!!)、今後の会社の方向性をどうすんの?人の問題をどうすんの?いい組織にするにはどうすんの?人がついてくる人、来ない人は何が違うのか、普段のコミュニケーションでどうすればいいのか、なんかの話を延々として今帰宅。
やっぱし私は仕事が好きなのか嫌いなのかさっぱりわからなくなってきた(一生わかんないだろう)。
たぶん仕事そのものは嫌いじゃない。でも、それに関連するしょーもないことは大嫌い。高い、あるいは高くなくても、報酬のために、自分がしょーもないと思うこと(定時に会社に行くこと、だらだらと落としどころのない会議につきあわされること、しょーもない話を聞くこと、しょーもない資料を作ること、段取り悪いスキームに巻き込まれること、などなどなど)に堪え忍ばなきゃいけないというのは私のばーいあり得ないのかな。
結局自己満足だけど、消費者に新しい価値観を提供するだとか、なにかに気付くきっかけを作ったりだとか、そーゆーことは面白いというか自分の仕事の成果として達成できりゃいいと思っているのかな。
でも最近は、そういう成果よりも、若い子になにかを伝えるとか、育てるとかいったことのほうが面白いと感じる。まあ、それが直接関わる若い子たちなのか、顔の見えない消費者なのかといったところで同じ原理かも知れないが。
だけどねー、会社の未来像なんかを語ったところで人がついてくるかは甚だ疑問。人は会社についていくのか、金についていくのか、あるいは人についていくのか・・・。
とはいえ実際カエちゃんは辞めていこうとしている。それを止める工作もしなかった(だって、私自身が、彼女の辞めたい欲求に替わる代替価値を提示してあげられなかったからね)。
でも残念なことこの上ない。勤務形態を変えて、もう少しやりませんか?と思うけど、彼女が決めることなので致し方ない。

それにしても某社どうなの?
やる気あるんですか?危機感あるんですか?って私に思われる時点で、すでに終わってます。私がクライアントなら、来年からコンペにしちゃうよ!
ああ、私の書いた企画書を、さも自分が書いたようにしょーもない言葉に差し替えられて提出されるのかと思うと・・・・・・・・・仕方ないですけどね。
  1. 2006/07/19(水) 01:58:18|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のMTGはいっそ・・・っていうか店情報

niku.jpg今日はエンドレスなら、せめて肉でも食いながらやりません?
それくらい提案しようよ~、イケちゃ~ん。
デスクで考えたってろくなアイディア出るとは限らないよ~。
ジャンボ
毒素排出鍋
  1. 2006/07/18(火) 17:10:07|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オトナになったものだ・・・

先般から続いておる「ご清算」の交渉。要するに、「私たちの関係は終わったじゃない。きれいさっぱり別れたいの」と言っている我々に、「そうはさせない。女房たるもの家を片づけてから出ていけ」的に離婚を認めてくれない強欲夫みたいな相手。もうさー、早く別居しましょうよって言ってるのにね。
さすがに今日は交渉テーブルに私も出馬。「キレて白黒はっきりさせる役どころ」として自ら出馬表明したのだ(だってスッキリしたかったんだもん)。
営業の同僚と事前打ち合わせをし、進行とこちらの言い分説明は私、彼は「平謝りに謝る低姿勢の役」、それでも相手は引かないだろうから、最終的に私が「キレてぶちかます役」で行こう!と役割分担を決定。
ところが、交渉テーブルでは、私がドキュメントを提示した瞬間、相手(公家)が瞬間湯沸かし器の如くコーフンして、感情的にしょーもないことを言ってくる。蓋を開けてみたら、彼はキレて、私が平謝り。で、最終的に「できないことはできません」までフィニッシュ。むちゃくちゃ冷静だった。本当は、もう少し冷静なイヤミの数を増やしてもよかったが、それも冷静に判断してやめといた。
交渉相手も、片方は女性。やっぱし女のほうが実際的なんじゃなかろうか。怒っているのだろうが、「ぶっちゃけどうなの?」という部分で、冷静に落としどころを探って合意点を見いだそうとするクレバーさがあり、こういう場じゃなかったら、仲良くなれたタイプなのにな~なんて、私は話ながら考えていた。
いずれにせよ、話ながら、「私もオトナになったものだ・・・」的な感慨があったね。以前の私なら、間違いなくブチ切れたと思うけど、今はむしろ、話のもっていき方で相手がもっともだ、という態度に変わる様子などが面白いとさえ思う。
それに最近、私って実は「事態の収拾」みたいなものに向いているのではないか?と本気で思うこと多し。どうすれば収束できるか、とか、リスク回避のためにすることは、とか、組織をどうすればうまく回るか、とか・・・。そういうことはあまり悩まないでもちゃっちゃと出てくる。企画書書いてるより、よっぽど楽だったりする。
  1. 2006/07/13(木) 02:23:46|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私と仕事

私に向いてる仕事もしくは勤務形態を見直そうと思って、「あなたの才能と適職」を見てみた。・・・ウケた。というか、当たってる!
誕生数5の人の才能は、とても多才です。開拓という宿命性なのでしょうか、成功するための素質は、「ある一つ」を除いて、すべて与えられています。 行動力、適応力、知力、模倣力、好奇心、柔軟性、会話力、器用さ、すべての潜在能力を開花させることができれば、5の人は無敵に近い才能を持ってしまいます。しかし、世の中、そう上手(うま)くいかないもので、才能を開花させるための大事な能力が欠けてしまっているのです。それは、努力の才です。誕生数5の自由性に象徴されるように、一つに長く留まることが性格的にできません。しばらく我慢すれば、頂点に達する事ができる状態でも、あっさりと捨て去り、無に返したりします。ただ、忍耐力がない訳ではないのです。多才で、あまりに色々な事を思いついてしまい、一つのことに集中できないのです。溢(あふ)れんばかりの才能を生かすも殺すも、あなた自身の自覚次第です。その意志を強め、努力できるかが重要になります。ただ、誕生数5は、行き渡ることも才能を開花させる大事な要素ですので、「無駄なく、最大限の努力をできるか」が、才能開花のキーとなるでしょう。

「運命の輪」を持つ人の才能は、かなり多才です。正確には、多種のリアルな才能を持っている訳ではないのですが、天性の適応力と、チャンスを見抜いて、生かす能力にずば抜けているため、才能の有無など無関係に成果を出せてしまうのです。言い換えると、「ハッタリ」が得意なだけなのですが、その成果から生まれる「実績」や「信頼」は、結局、あなたの才能として評価されてしまうのです。チャンスを逃さない能力、すばやい行動力、先を制することができる勘のよさは、まさに「要領の良さの申し子」です。頭脳も優秀で、あらゆる行動や思考の中で、パターンや展開を導き出し、その効果を、知識や経験、そして「勘」で判断してしまえます。その「勘」の精度が格段に高く、あっさり成功をモノにしてしまいます。ただし、その「勘」も、個人によって向き不向きがあります。例えば、投資のセンスは抜群なのに、競馬やパチンコなどのギャンブル系は一切駄目など、運命の輪が与えてくれる「勘」も、方向性があるのです。パス11の人は、その方向性を正しくつかんで、無駄な事をしなければ、どのような分野でも成功できるはずです。また、才能といえるかどうかは微妙ですが、「心底、必要と感じた時」に、思わぬ協力者が出てくるのも、このパスの特権です。適職という意味では、やはり実業家や投資家は適職です。パチンコや競馬に適正があればそれだけでも、富を得られるかもしれません。


・・・やっぱしね。
で、どうすんの結局のところ。どうすればいいの?
パチプロになれってこと?
  1. 2006/06/28(水) 15:44:10|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今度は危機管理対応

何にせよ幕のひき方ってとても大切。いずれにせよ、悪くなった関係は、放置しておけば悪化するのが当然。こんなものは、恋愛と同じかも知れない。
別れが決定的な相手に「とはいえ彼(彼女)を憎んでいるわけではない」と思わせるか、「二度と会いたくない。死ね!」と思わせるか・・・。うまい別れ方ができてこそ、オトナって感じ。罵りあってお互いを呪うような終焉は、できれば避けたほうがいいよね、って話ですよね。けど、そっちのほうが、精神的にはスッキリすることも事実だけどね。
まあ、これも視点を変えれば、とても面白い経験(・・・面白くはないか、貴重な経験というべきか)をしているんだろうなと思う。
根本的なことだけど、会社に私財を投下している人間(要するに会社がこけたら血を流す人間)と、そうでない人間とでは、危機に対する認識や身の入れようが違うってことも如実に感じた。こういう時の対応で、男の器がわかる気がする。イケイケで進めているうちはいいけど、ものごとなんでも終わりがあるものですから。
こういう、わけのわからない経験も、面白いと思えれば、まあマシなわけか。・・・だけど、今はまったく楽しめない。9月まで、こんな運気が私には続くようだ。そして9月には、すべてをリセットしたくなる転機が訪れるんだってさ。9月まであと3ヶ月もあるわけね。・・・もつのだろうか?
  1. 2006/06/28(水) 02:03:01|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全身疲労

クリエイティブ教徒とのしょーもない抗争に終止符が打たれ、黙々と残務処理の日々。それじゃなくても問題だらけの環境。私は疲れて気力を保つことができない。
どうしてこうも世の中はコミュニケーションギャップばかりなんだろうと思う。
なにかを「信じる」って大切だけど、もっと大切なのは「疑う」ってことなんじゃなかろうか。信じすぎると宗教になるよ。
可能性を信じるのは結構なことだが、そもそもその可能性はどの程度の現実性を持っているのか、とかね。本当になにかを「可能」にするためにすべきことっていうのは、やみくもに信じたり、やみくもに前向き(問題を直視しないで脳天気でいること)であったり、小手先だけの芸なんかではないと思うんだよね。
疑い→確認、見通し→対策が必要なわけです。
そもそも日本人てのは疑いを持つことが少ない民族だけどね。

まったくジーコの日本代表みたいなもんだよ。そもそもあのチームが勝てる要因はなにか?って考えたら、ただ一点、「相手がショボい場合」しかないわけで、じゃ、ショボくない相手に勝つにはどうすりゃいいんですか?ってところで根本的な対策を打たないと。相手を「ショボいと思うこと」じゃないんだよね。リソースがないから柳沢で、っていう発想で、そもそも勝つ気あるのかと思うよね。
勝利を信じてりゃ勝てる、なんて思うのは、なんでこの国が戦争に負けたのかをまったく学んでいないバカ。神の国だから負けるわけないって発想ね。だいたい、勝てる要因がない場合は、そもそも戦争なんてするべきじゃないに決まってるのよ。無駄な流血はいらない。なぜなら無駄だから。それでも勝ちたきゃ、抜本的に対策しないと。

それとまーったく同様のことが、仕事の現場で繰り返される。
危機の察知能力に関しては、もしかして女のほうが聡いのかもしれず、何度もこうなることは予想され、その都度アラートを出して対策を求めてきたが、取られた対策はないに等しく、相変わらずFWは柳沢で、付け焼き刃的にどっかのブラジル人を帰化させて投入した、くらいなもん。
いい加減、部分最適の考え方はやめて欲しい。部分最適ばっかしてるから、全体最適っつーかボトムアップがなされないんだよね。
男の人は、プライドや可能性を信じることが美しいことだと思っている、あるいは疑いを持つことが「後ろ向き」だと思うのかも知れないけど、女は冷静だから、そんなやみくもさにはついていけない。「だから言ったじゃん」と思うわけです。
愛している男になら、それは「しょーがないな」で処理できる話でも、そもそも仕事ですから、しょーがないで済まされないんですわ。
それと、女は強烈な変化を受け入れられる(というか、楽しめる)ものだけれど、男は変化を基本的に望んでいないか、変化させることに対してものすごい抵抗があるんだろうってことも如実に見える。問題があるなら問題を除去すればいいのに、ソフトランディングばかり考えて結局ズルズルいっちゃう。その間、みんなが疲弊しますって。
それでなにかを実現させたいと思っているのか?私には簡単には理解できない話だね。
私はなにかを盲目的に信じたり、意味のない前向きさを保持できない。真っ先に問題点から考えるタイプだからよけいにね。
こんなとき言いたいよね、大きな声で。
そもそも意味あるんですか?
  1. 2006/06/24(土) 02:00:18|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

消耗するねぇ~

血がしたたるようなステーキが食べたい…。
ブシュロンの指輪欲しい…。
  1. 2006/06/20(火) 19:20:09|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キリングフィールド

20060620143306これから流血の惨事。カミ様に切り刻まれに行くのだ。
  1. 2006/06/20(火) 14:33:07|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あまりのひどさに怒る気もせず

金曜深夜より勃発した「カミ様」との最終戦争。
この週末、私は「神様」のような集中力で、最終兵器の製造に取り組んで、しかも自信をもって発射したが、その応戦は
これはクリエイティブじゃない
だとさ。・・・私はそうは思ってないもんね。
その他ゴチャゴチャ言われたが、言ってる意味が、わからない。
ここまで言語違うと、もう怒る気にもなれないし、特に悔しくもない。なんかむしろ、もーーーーーのすごいすがすがしさを感じている。
それって日本代表が「ベストを尽くした」的な話じゃなくてね。
言ってみりゃ「サッカーの試合やってるつもりだったのに、相手は野球だった」って感じですよ。
スッキリした!こういう緊張感、もう当分ないでしょうね・・・
  1. 2006/06/19(月) 20:33:26|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これって・・・

20060619032109意味あるんですか?飲んだら眠くなってきた・・・。
  1. 2006/06/19(月) 03:21:09|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今日の東京タワー

DSC00023.jpgなんで電気がついていないの?
もしかして、サッカー勝ったら点灯とかね。・・・じゃ、今日はつかないね。な~んて。
・・・それよりも、まさに日本代表のような今の私。負け試合とはいえゴールを狙わなくてはいけません。・・・女はつらいよ。
パワポパワポパワポパワポ・・・気が狂いそう。この細かな作業!
DSC00024.jpgってゆーか、なにーーーーーーーーー?
電通もついてないよ、今日は!!!!
こんなことがあっていいのか?なぜ私はそんな日に仕事をしているのか!!
ぐぁーーーーーー(と吠えてみるが虚しい)
  1. 2006/06/18(日) 21:10:21|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

私って天才!(三つ子の魂100までの原理)

こんな土壇場に来て企画を根底から覆す最終提案書の準備。
びっくりするほどアタマが冴えている今日の私。・・・って言うか、昔から、せっぱ詰まらないとやらないタイプでした。
こんな「インタラクティブ」な「アイディア」がバンバン出てくるなら、そもそももっと前に本気出しとけって感じだよね(だけど、それができれば苦労しない)。
とはいえ、はっきり言ってものすごくスッキリ!私ってホント天才!
ってゆーか、これぐらいやって当たり前。
明日はこれをドキュメントにまとめるのみ。これが一番たいへん。

・・・これでダメ出しきたら、ぶっ殺してやる!!!
  1. 2006/06/18(日) 03:59:46|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ楽しくなってきました

いや~・・・ホント。楽しくなってきました。
ある件で「旧メディア対Web」みたいなしょ~もない攻防を繰り広げてきたわけなんですけど、ここへ来てその溝が大きく炸裂!!って感じ。
言ってること分かり合えない~!!
もう有賀さつきの名言
話し合いに関しても「重ねていくうちにかみ合わなくなった。まさに言語が違ったんです」と独特の表現で説明した。
って感じ。いや、だからね、ちがうんですって。そもそも、人間なんか全員違うんですよ、それを言い出したら!
もうカエちゃんは泣いちゃうし、デザイナーは爆笑し出すし・・・。どっちかっていうと、こういうとき、私は笑ってしまうほう。
なんか、楽しくなってきた。マジで。

ところで、有賀さつきって、いいよね。
・・・の話はあとで。
  1. 2006/06/16(金) 16:01:52|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとした雑感

ひさびさに仕事するといいもんですね。
  1. 2006/06/12(月) 18:07:31|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
これ以前の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。