ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しびれました

今日は久々に鎌倉に帰って、うすらでかい液晶テレビでW杯見てる。気付いたけど、画面でかすぎるのも考えもの。画面右と左で起きていることが一瞬で把握できず、ロンパリになりそう・・・。
イングランドVSポルトガルしびれた!
私はイングランド嫌いですので、もちろんポルトガルを応援してたけど、とにかくクリスチャーノ・ロナウド!!(ここ数年出てきた中ではいちばんのお気に入りの彼!)彼はゴールはずしても「惜しい~」みたいな顔は絶対せず、いつも「悔しい!」って顔をする。それとあのドリブルで一気に前に持っていく姿にはしびれる!
ポルトガルが攻めて攻めて攻め続けたけど一向に試合動かず、PKまで行ってポルトガルが勝ったわけだが、技術だけじゃなくて気迫とか集中力の高いハイレベルな試合だと見ていてもまったくダレないっていう典型的なゲームだった。
ベッカムは特に好きじゃないけど、途中交代で悔し涙を見せるあたり、サッカーに対する純粋さとかひたむきさとか、たましい入ってるな~やっぱし・・・と思うよね。副業やら私生活のチャラチャラも、本職の仕事きちんと頑張ってるから生きてるわけで・・・そこが日本の選手との大きな違いだよね。彼ら「プロ」はなんだかんだいっても、でかいところで仕事するからね。
やっぱし、男は仕事してナンボだね。生き生きと仕事している姿がいちばんだよね。
この後、ブラジルVSフランス。
ロナウジーニョは大好きだけど、ジズー様はもっと好きなので、決勝戦まで彼を見たいと思う。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/02(日) 03:52:11|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やべー、眠れない

29の会を終えて今しがた帰宅。今日はイタリアーウクライナ戦で、とっくに終わって結果を知るのみと思っていたら、今から始まるのだった・・・。
そうなったら、見なきゃいけません。
このマヌケなイタリア国歌も、妙に懐かしい・・・。
そう、要するに、最近私はイタリアに帰りたくて仕方がないと潜在意識下で思っているらしいのだ。その証拠にイタリアにいる夢を見ることが非常に多い。
今の生活に多大なストレスを感じている→私が理想とする環境とのギャップ→イタリア生活懐かしい→逃げたい!
ってだけのことなんですわ。
それか、あるいは単純にW杯の季節→過去3回のW杯すべてを私はイタリアで見ている事実→なんで今年は日本に?→イタリアで見るべきなんじゃなかろうか?
みたいな話か、
W杯→フランチェスコ・トッティのマヌケな顔→ローマの青空や街の匂い
の連想だったりしてるかも。
けど「トッティ=ローマ」という単純なイメージの連鎖ってのが、我々(って誰?)及びすべてのイタリア国民にとって当然の事実なのだが、よく考えるとこれってすごいことだと思う。この場合のローマってのは「ASローマ」ではなく、町としてのローマだったり、社会としてのローマだったり、要するにローマ的なことすべてだったりするわけだ。そんなスポーツ選手は他にいない。
彼はレアルからオファーがあろうとも、絶対行かない。それどころか、ミラノに行くことすらイヤなのだ。要するにローマから離れられない(こわくて)という強烈な土着性。
自分の好きなところで、好きなことをできる範囲でやってればいいじゃん!自分の街を捨ててまでやる仕事なんて、やだね!という発想。私かなり好きだ。ある意味スローライフな生き方を彼はしていると思う。それで、そんな彼をローマ市民は愛してやまないのだ。たとえ内弁慶と言われてもね。・・・非常にローマ的な人だと思う。
  1. 2006/07/01(土) 03:57:09|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そうは言ってもForza Azzuri!

家に帰ったらイタリアーオーストラリアの試合やってる。
バッジョがいなくなって本当にアズーリには興味が薄れてしまったが、なんだかんだ言っても第2の故郷、気になる。このチームは前回のチームよりまだ好きだ。あと、リッピになって、あのクソつまらない守備的サッカーはどう変わったのか見てみたい。
そうなのね、ボボ・ビエリもいないけれど、マルディーニもいない。
totti.jpgああ、フランチェスコ・トッティ!!!!
今しがた、デル・ピエーロに替わって出てきたら、ピッチに入った瞬間、仲間に「AO!」と声かけた。だって、口がそう動いたもん!!まあ、それを見ただけで私は満足。彼はやはり笑わせてくれる!この髪型いいんじゃない?少なくとも、少しはアタマ良さそうに見える(というか、バカさ加減が軽減されて見える)。
どうでもいいけど、オーストラリアのアロイーシっていい男じゃない?名前からしてイタリア系なわけだけど。
・・・などと言っていたら、劇的な幕切れ!我らがフランチェスコ、英雄だな!・・・って私、日本に帰ってきてからトッティが好きになったみたいね。笑っちゃうよね。

  1. 2006/06/27(火) 01:54:39|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

点を取らなきゃ勝てるわけない

今回のW杯、私の中でそんなに盛り上がっていない理由のひとつは、今の代表にそんなに愛着を持てないこと。今日のオーストラリア線(後半)を見て、なんで愛着が持てないのか改めてわかったんだけど、要するにがむしゃらさを感じないってこと。
10年前に比べりゃ、海外でプレーする選手も増えたし、個々のレベルは上がったと思うけど、そうは言ったって、しょせんまだまだなんだから、なんかもっと泥臭く、とにかく点取りに行く姿勢を見せて欲しいよね。特に柳沢・・・見てるだけでむかつく。こいつは本当に嫌いだ。
  1. 2006/06/13(火) 00:09:14|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ロナウジーニョ

ronaldinho_04.jpgいいよね~。
彼を見ているだけでハッピーになる!
そして、こういう感じのおばちゃんて、大阪とかに多そう。
  1. 2006/05/26(金) 14:46:13|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そういえばイ

WBCって、ちっとも興味なかったのだが昨日はたまたま見てみてビックリ!
イ・スンヨプ!
いつの間にか巨人の選手になってやがった!この、裏切り者!
にしても、福留出した王さんの采配すごかったなあ。
それに「長嶋ジャパン」ていうチームにはなんの思いも動かなかったが、王さんのこのチームのほうが、いいチームな感じ。
ま、単に長嶋が好きじゃないからかも知れぬが。
というか、王さんが好きなんだよね、私。私の時代の偉大な選手といえば、王さんですよ。長嶋じゃない。

まあしかし、WBCは瞬間的にものすごい盛り上がった。
今日の某企画打ち合わせ(というのは、サムライとか武士道関連のネタ)でも、この話題で盛り上がり。
イチローはサムライっぽかった。というか、韓国の旗立てられて、かなりナショナリズムを刺激されたようだったし、まるで別な人間のようだった。
結局、韓国とのいろんな因縁がなければ、単なるお寒いシリーズだったんじゃないか?もう、キューバ戦とか、別にどうでもいいというか、まあ、勝つに越したことはないけど・・・くらいの話なのにね、というような。
それで、王さんはやっぱり偉大という話で締められた。
  1. 2006/03/20(月) 14:38:11|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ボビー・バレンタイン

の優勝インタビューは、近年まれに見る感動で、聞いていて涙が出た。
なんでも「長」と名の付くポジションにいる野郎はよく聞いとけって。
少なくとも私は、今からプロ野球選手になって、彼の下で働こうと決意した。
  1. 2005/10/26(水) 21:56:07|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

ロッテの快進撃に思う

まあちょっと前までは「弱い」「ダサい」「しょーもない」ものの代名詞だったロッテ。
指導者が替わると、こんなに違うのねってことを見せつけてる。星野の阪神も同じだったが。
私思うけど、プロ野球選手って、プロになれる時点でとんでもない才能を持った人たちだと思う。それを開花させるもしぼませるも指導者の力。
ロッテのベンチは実にのびのびしてて、明るくていい。
暗く、緊張感漂わせたヤツがいいパフォーマンスなんか出せるわけないよっつーの。

だけど、ロッテがこんな活躍すると、
「君たちだってやればできる!」とか、アホな檄を飛ばす管理職がいそうだな、いろんな会社で。
下のものに「やればできる」っていけしゃあしゃあと言うようなヤツってゆーのは、
「今できてないのは自分の指導が悪い結果だ」
などとは決して思わないようにできているからすごい。
なにを、どうやったらできるようになるのか、とか論理性はみじんもなくて、そういうことが言えるからすごい。
聞いてるほうはうんざりするわけだけど、そういうタイプはそろって客観性がないから、自分がうんざりされている、なんてことには極めて鈍感だからすごい。
このようなタイプが風上に立つと、当然ながら人はついていかない。
そいつと似たような、論理性に重きをおかない鈍感なバカが、犬のように従うだけ。
そいつにしてみりゃ自分にしっぽ振ってる犬はかわいいから、信用して重用するわけなんだけど、しょせん犬ですからね。
言われたことを自動的に下に落とすことはできても、それ以上のことはできないわけ。
このようにしてバカがのさばり、組織は三流どころか、壊滅的に機能しなくなっていく。
機能しなくなったとしても、自分が悪いとは思わない。
こういう人々には絶対かなわない。
私が日々実感しているこの論理は、イタリアのジャーナリスト、ピーノ・アプリーレによって徹底的に考察されていて、結局、バカにはかなわないのだと諭している。
■『愚か者ほど出世する』
ま、いーけどね。
バカとその犬が、今後どうふるまっていくのか、その行く末を楽しみにしてる。

20代の頃は、「人格に問題があっても仕事ができる人なら別にいい」と思っていたんだけど、最近はやや違う風に見ている。
つーか、人間性に問題あるヤツって、仕事も大してできないわ、やっぱ。
ただ、できるように見せる術だけは持っているヤツがいるってこと。でも、所詮まやかし。よく見てりゃ、バレますわね。
しかもけっこうみんなが気付いてることだったりして。実は人って辛辣だから。


まーそれより、「頑張ってればいつかいいことがある」の典型はTXじゃないでしょうか?
プレーオフ最終と、今日の試合の中継権。
視聴率じゃなくて、局のアイデンティティをはっきりさせてる姿勢からは、学ぶものあると思うけどなあ。
だいたい、アタマのいいヤツは、数字の高低じゃなくて、実はその質が大切だってことに気付いてるんだけどね。
ま、論理のない人に何を言っても無駄ですけどね。
  1. 2005/10/24(月) 01:17:14|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阪神優勝を見届けるべく、とっとと家に帰る。

ま、そうじゃなくてもとっとと帰りたいタチですけど。

実はほとんどアピールしていないのだが、私はタイガースが大好き。
でも、もし関西出身だったらタイガースファンじゃなかっただろうと思うよ。いかんせん天の邪鬼だから。

今年の優勝はさー、前回に比べてあまり感動がないんだよね、わたし的には。
前回は涙が出てきたけど、今回はね~。
結局のところ、わたしは阪神が勝つチームだから好きなんじゃなくて、単に阪神が好きだってことね。勝とうが負けようが。
強い阪神になんとなく他人感を感じたりもする。
でもやっぱり優勝っていいものです。特に岡田にとってはよかったと思う。星野で勝てたのに、岡田じゃダメだって言われたら気の毒だもの。今岡と浜中育てたの岡田だしね。
藤川、変な顔してるけど、今シーズンよく頑張った。

読売のバカ、巨人戦の視聴率取れないから中継打ち切りにした(誰かが「そもそも数字取れるんですか?」って言ったわけね)のに、優勝決まる今日の試合(阪神ー巨人)はやるわけね。数字取れるイメージあったわけね。本当にイヤな会社だな、読売!
  1. 2005/09/29(木) 19:56:58|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

琴欧州どうなるか?

琴欧州!
もちろん私が嫌いであるはずがありません(黒海も好きよ)。
ハンサムなのに悲しげで、明るくないところがいい。
朝青龍。
彼も大好き。あんなエクスプレッシブな力士は今までいなかった。
プリプリしていて明るいところがすごくいい。ほんとうに強いし、堂々としてていいわ。

でも、今場所は、琴欧州に勝たせてあげたいわ~。
  1. 2005/09/25(日) 15:10:41|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒木復活!

黒木、復活告げる好投 ロッテ、プレーオフ進出

 右ひじ痛を克服した黒木が約1年ぶりの先発で7回途中まで無失点。苦難を乗り越えた右腕の力投で、ロッテが10年ぶりのAクラス確定と、プレーオフ進出を決めた。

http://sports.nikkei.co.jp/flash_k.cfm?news_id=71507

ほんとうによかった!
  1. 2005/08/28(日) 23:59:19|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かわいいValentino!

WGP=王者ロッシ、ヤマハと契約延長 valentino.jpg
[ロンドン 2日 ロイター] 二輪の世界ロードレース選手権(WGP)で、モトGP総合王者のバレンティーノ・ロッシ(イタリア=26)が2日、ヤマハと2006年の契約延長を結んだ。
 6度の世界王者に輝いたロッシはこれまで、来季はF1かラリーに転向するとの憶測があがっていた。
 ロッシは先週のドイツGPで今季8勝目をあげ、総合5連覇に向け大きく前進している。


最近、クレイジーぶりがなりを潜めてしまって淋しいわ。ずいぶんオトナになってしまったのねえ、Valentino。
  1. 2005/08/03(水) 10:22:51|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こういう話に私は弱い

偶然みつけたので、コピペしておく。
これ見て真偽はどうこう、などと訳知り顔で言ってくるバカがいないことを望む。
ほっといてほしい。私はこういう話に弱い。

ブラジルのサッカー選手を夢見る孤児たちを育てる団体に、カズがサッカーボールを送ったことがあった。
それも、200個ものボールを。 子供たちは、とても喜んだ。

しばらくして、やはりJリーグが同団体にボールを寄付することになった。
エージェントが現地へ赴き、少年たちにボールを渡す。
少年たちはやはり喜んだが、渡されたスポルディングのボールを見て
「スポルディングではなくて、メーカーは『カズ』が良かった。」
「『カズ』のボールはとても使いやすかった」
と口々に言う。

Jリーグのエージェントは首をひねった。カズ?そんなメーカーがあっただろうか。
「これだ」と、手渡されたボロボロのボールを見てエージェントは驚いた。
すでにかすれてしまっているものの、ボールにははっきりとサインペンで

「夢をあきらめるな カズ」

と、現地の言葉で記した跡があった。
200個ものボール全てにカズは自筆のメッセージとサインを入れ、
それを子供たちは「カズ」というメーカーのボールであると思い込んでいたのだ。
  1. 2005/07/17(日) 23:47:10|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ジョニー黒木

20050702163304今シーズンもう一度マウンドに立てるのか、ジョニー。立って欲しい。立ってくれ!


  1. 2005/07/03(日) 02:06:23|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。