ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

築地で火事!

今日の午後。
同僚のDEBが「大変ですよ!築地4丁目で火事だそうですよ」とケータイでラジオを聴いてて、教えてくれた。
そうと聞けば、もー見に行きたくて行きたくてしょーがない。
ところが夜は、別な同僚(ニコニコさん)の送別会とあって、定時切り上げ→火事見物とはいかないわけね。

しょーがないから、送別会も1次会だけにして、(つーか、私はとりとめもない飲み会が苦手)なんとかバスに乗り、築地界隈でキョロキョロ。
現場近くには消防車がまだいて、なかなかの規模だったことを匂わせる。
場所的には「寿司ざんまい・別館」近辺の模様。
どこなんだろう?燃えたのは・・・
かといって、明日早起きして見に行くのもなあ・・・不可能。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/30(木) 23:22:29|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

グラサン購入よ!

買ったわよ!例のグラサン!
も~、どこを見ても「売り切れ」か「シルバーならある」。
そうなったらも~、絶対に欲しくなるのが消費者心理ってもの。
てゆーか、ただの意地。
そして、町田の眼鏡屋さんのショップで「シルバー」があるのを発見。早速電話し、黒がないかと問い合わせ。
すると「店にはないが、取引業者に問い合わせてみる」とのこと。
そして、「1本確保しました!」と電話が!

そ~言われちゃあアナタ!「いただきます」と言うでしょう?
と、いうわけで、無事に身柄確保。
来週中には届く予定。
ちなみに1万5千ナンボ。送料手数料込みで1.7くらい?
  1. 2005/06/30(木) 18:10:19|
  2. 独り言ガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

551HORAIアイス

20050630151805よくわかんねえけど、こんなおやつが回ってきた。どっかからのいただきものらしいが、このガリガリ君スタイルのアイスは「551HORAI」というらしい。
聞いたことねえなあ・・・と思い裏面を見ると、

株式会社 蓬莱
大阪市浪速区桜川4丁目2番5号


ふ~ん。西のもんか。
でもとーてもかわいいこの白クマくんパッケージ。
ミルク味、おいしかった!(実はチョコ味もキープ済み。ハケンのお姉ちゃんたちとは仲良くしておくに限るね)

調べてみると
http://www.551horai.co.jp/
肉まん屋さん。なんでやねん?
  1. 2005/06/30(木) 15:18:05|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ニコニコさんと最後のランチ

20050630124804ニコニコ嬢は今日で退職。そのおかげでいつにもましてニコニコしている!くっそ~~~~。
あんたばっかり自由の身って、どーゆーことよ!
と、怒りつつ、ニコニコのリクエストで「パスタ」。ラ・ヴェルデにて。ここはDe Ceccoを日本に入れているミズタエンタープライズがやっているので、パスタそのものには、まあ信頼がおける(といっても私はBarillaのほうが断然好き)んだけど、いかんせんソースがね~。
私が自分で作るパスタって、じゅうぶんカネとれるな、って思いますね。何しろ世の中うまいパスタないから。
  1. 2005/06/30(木) 12:48:04|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鯖のカレー粉焼き

saba.jpg鯖は塩焼きもいいけど、意外とこういう魚にはカレーが合うのです。
鯖に塩をふり、そのあとカレーパウダーをまぶして焼くだけ。
食欲のない時でもいけます。

ちなみに今日のお昼はノーオイルデーだったので、PAULにてツナサラダ。

  1. 2005/06/29(水) 22:29:08|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大ショック!!!!グラサン「売り切れ」!!

昨日、疲れて家に帰った私を待っていたのは、楽天某ショップからのメール。
> この度は、ご注文誠にありがとうございました。
>
> さて、大変申し訳ございませんが、せっかくご注文して頂きました
> 商品があいにく品切れでございます。現在のところ入荷の時期はわかりません
> また、カラーの違いで583のカラーはございます。


ガーーーーーン。
くっそーーーー!

そこで私は悩んでいる。
1)別の色にするか
2)別のショップにするか
3)今日、松屋直行で定価で買ってやるか
4)買うのをやめるか

1)はなあ・・・。私が欲しいのは黒フレームだけど、あるのはシルバー。でもシルバーも、ゴールドも他ので持っているし・・・。
しかもここがシルバーかゴールドだと着るモノ限定されてしまう。

2)はなあ・・・。他のショップもみたけど、私の欲しい色扱ってるところほとんどない。売り切れ、とか入荷待ち、とか。それに定価と替わらないの。

3)もなあ・・・。だって定価\19800が、ネットで\10000だから買ってもいい、と思ったわけでさ~。
といいつつ、この手に出る可能性は高い。

4)ま、実際、ホントはいらないんだけどね。いっぱい持ってるんだから。

ああああああああ。
どうしたものかなあ・・・。
  1. 2005/06/29(水) 11:31:05|
  2. 独り言ガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パスタの禁を破る

20050628133306今日は残り少ないニコニコさんとのランチを社内の女性陣と共に。で、日比谷「Bravo!」で、パスタ。もう、数ヶ月ぶりって感じよね、パスタも。ここはカルボナーラ以外は信用できないので、自動的にこのメニュー。
それにしても、あんまり美味しくないのだけど。

  1. 2005/06/28(火) 13:33:06|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CONRAD

conrad.jpg

そういや~、ビルの右上にロゴが入ったなあ。

あちらさんからは、こう見えているようです。
scene.jpg

http://www.conradtokyo.co.jp/

どうでもいいけど、この汐留のビル群のせいで、ヒートアイランドも甚だしいんですけど!
  1. 2005/06/27(月) 21:58:50|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グラサンについて語る

イタリアからお友達が里帰りするので、「なんか欲しいものある?」と言ってもらう。
いや~、そりゃああなた!いっぱいあるのよ!!
で、既にリストを提示するも、私の心にあるのは「サングラス」・・・。
私はグラサンが大好き。好きな上に必需品。絶対手放せない!

昔マルコが「イタリア人が冬でもグラサンかけるのは、夏の間にグラサンで目を保護しすぎて、逆に光に対して弱くなってるからさ!」と言っていて、マルコはホラ吹きだからあんまり信じなかったんだけど、結局彼の説は正しい。
私も真冬でもまぶしいし、会社の中の蛍光灯ですらまぶしくてかなわん!で、いつもデカめのをしているんだけど、そうすると言われるのが「新庄みたい」ですからね。
まーいーけどさー。イタリアならバアサンでも新庄だよ、そんなら。

まー、そういうわけで、グラサン好きなのだが、日本はどうにもね~。日本にはいいのない。有象無象、数ははあってもカッコいいのは限られてるし、本国で買うよりはるかに高くてアホくさい。ちなみに、世の中のグラサンの9割はイタリアで作られてるわけですからね。Made in JapanとかChinaのライセンス以外は。
それもほとんどがLuxotticaかSafiloが作っているわけね。

だいたい日本はグラサン文化そのものがないわね。
みんな、テキトーに選びすぎ!似合ってなくても平気だもんね。
日本人は顔がでかいんだから、小さなグラサンはみんな温泉あんまか謎の中国人に見えるのよね。レンズも黒が好きだしね。
でも大きいのは抵抗があるのか、似合ってないのに小さめのが『無難』だと思っている。
髪型を変えても合わなくなるのに、そういうことは気にしない。変な人たち。

まーいーけど、そーゆーわけで、今日はイタリアで今、どんなのが出ているのかをネットで徹底的に見てやった。基本的に、ここ数年はそんなに変化ないわね。
でも見てたら、やっぱり欲しくなっちゃってね~。
帰りにプランタンと松屋と三越見た。プランタンははっきり言ってろくなもんじゃなかった。三越ではグラサンフェアやってるけど、大したことなかった。松屋も売場は小さい。
けど、Policeので気に入ったのがあって、どうしようかな~と思いとどまって、さっきネットで見たら、楽天で安かったので、やっぱしお買い上げになっちゃったわ~。
はやく届かないかな~。

あ、ちなみにグッチはグラサン広告の出稿量が多すぎて、赤字だって。彼らがどれだけグラサン好きかを物語る話だけど、マヌケね。
  1. 2005/06/27(月) 21:44:47|
  2. しょうもない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

abuyasu氏

20050627125116ブログ友のabuyasu氏。
いや~、そんなわけで、今日の私は言葉少なでした。次回は充電しておうかがいいしますわ。



  1. 2005/06/27(月) 12:51:16|
  2. 人物にガミガミ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

ランチでプチオフ会@「ジャポネ」

20050627123907今日は、かねてから課題となっていたabuyasu氏との「ジャポネオフ」。
とは言うものの、私は昨日の夜、腹の激痛に襲われ4時過ぎまで寝付けなかったので、頭はボーー、お腹はフーーー。
そんなときのリスク回避として「梅のり・醤油」。だって梅干し系ならお腹に優しいじゃん。
しかしながら、気力を振り絞って最後まで食べた頃には、胃が悲鳴を・・・。


  1. 2005/06/27(月) 12:39:07|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

もうすぐ読了『サンタ・エビータ』

evitas.jpg夕べ1時を過ぎてから、読み出したこの本。面白くて面白くて、止まらない。鳥のさえずりに気づいたら5時を回っていたので、あわてて電気を消した。
その間シマは私のベッドの下で(さすがに昨日はベッドの上にはこなかった)寝ていたが、煌々と明かりがついていたせいで寝苦しいらしく、何度もムニャムニャと寝言をいったり、プハー!とため息をついて寝返りを打ったりしていた。おかげで今日は私もシマも強烈な寝不足だが、この本も残り数十ページなので、今晩中に読了するだろう。・・というより、気になって気になって、読了せずには眠れない。
この本は、死後のエビータことエバ・ペロンをめぐる「小説」の形をとったノン・フィクション。小説だ、と断っておかないと、作家自身にも災いがふりかかるだろうことは、読み進めばすぐにわかることだ。
エバ・ペロンの遺体は、完全な防腐処理を施され、3年間秘密裏に安置されたが、エビータの神話性(と彼女を支持する下層階級の蜂起、および「アルゼンチン=エビータの国」イメージの定着)を恐れる軍上層部はこの遺体を完全抹殺することを計画する。要するに死んだエビータをさらに殺そうとするのだ。しかし、遺体には本物のほかに3体のレプリカがあり・・・
というところで、遺体の「抹殺」義務を負わされた者はしだいに狂気のオブセッションにとりつかれていく。

エバ・ペロンの話でありながら、この本はアルゼンチンという国そのものの説明である。・・・というよりは、エバ・ペロンまわりの一連のこの事実は、南米という土地の特異性、(カトリックとフォークロア、聖性とオカルトめいた俗性、支配者と被支配者、度重なるクーデターや政変などといった)そして南米の中でも群を抜いて異質なアルゼンチンという国の特殊性を象徴していると思った。

私はエビータがファーストレディに昇りつめていく過程にはあまり興味がなく、実際彼女が「民衆の味方」だったか「最悪な強欲女」だったかもどうかもどうでもよいのだが、結局、彼女のような人物が、あのような形で存在しえた土壌、それが受け入れられた土壌、また排除され、蔑まれ、畏れられた土壌そのもの(しかもその土壌は今に続いている)に強烈な好奇心を駆られるのだ。
ラテンアメリカのドロドロした部分てやつですね。

それで、かねてからもう一冊欲しい本があって、それはナイポールの『エバ・ペロンの帰還』なのだが、いまや絶版で入手不可なんである。ナイポールはノーベル文学賞受賞作家であるにもかかわらず、日本では知名度もなければ入手できる翻訳も少ない。

shima.jpg寝不足で不機嫌なシマ。

  1. 2005/06/26(日) 16:41:51|
  2. 本でガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

辛い収穫物

peperoncini..jpg

青唐辛子。問題は、このあとどう使うかである。毎年作るのは楽しいが、結局毎日いくらなんでも、そんなに激辛ばっかりはいけないものである・・・。
とりあえず、ナンプラーにつけるか?
  1. 2005/06/26(日) 15:35:34|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発見!バラのうどん粉病!

20050625182105
鎌倉の庭には「カダンA」の歌に出てくる全ての植物関係の病気を見ることができる。
  1. 2005/06/25(土) 18:21:05|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮尾

20050625181510
暴れん坊将軍だった宮尾がおとなしいと、なんとなく寂しいものである。
  1. 2005/06/25(土) 18:15:10|
  2. シマと宮尾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

チカコちゃんへ

towel.jpg

この前話したタオルはこれよ、これ!色はなんでもよろしい。大きさは50×100センチ。だけど、ひとまわり小さくても問題なし。
同様の生地で、バスタオル大のものもあれば希望。各2枚ずつ。


alici1.jpg

alici.jpg

もう一つ重要なのは、アチューゲ。正確にはこれ希望。
リグリア産で、オイル・塩・パセリ・にんにくが入ったものだけど、これでなくてもいい。なるべくでかいビン希望。ただのオイル漬けじゃなくてパセリとにんにく(最悪の場合、そのどっちか)が入っているやつで、頼む!
  1. 2005/06/25(土) 15:40:15|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

赤坂Bamboo Bar

20050625020608グラナータで食事のあと河岸を変えて飲みに。
バンブーというその店に嗅覚が働き、入ったわけ。
店はカウンターひとつ。隅々まで強烈に神経が張りめぐらされた京都風。いや、20平米のプチ京都。そこまでなら、空間作りとしてオッケーだけど、この店主、はっきり言って、やり過ぎでイヤラシい。
どうやり過ぎかってーと、かわみちやのソバぼうろのカン、亀屋吉永の御池煎餅のカン、例の「かりがねほうじ茶」の鳥獣戯画のカン、嵐山行き京都市バス(よくわかんねえけど)の模型、その他八坂神社やらなにやら神社仏閣関係の全お札類、欄間にかけられた「堪忍」の文字・・・。もういい!わかった!わかったよ!京都は偉大。許してくれ!っての。私はすっかり「かなんなー・・・」の境地に。

こんなところで、「かりがねほうじ茶」って言ったって、要するに茎茶じゃねえか!なんて言おうものならどういうことになるか。
実際、これらのものはすべて幼少時代から鎌倉の我が家では親しんでいたものだし、かりがねほうじ茶はミラノにまで持って行っていたほどだが、そんなことをおいそれと口に出すのも憚られる。知ってると言うも地獄、知らぬと言うも地獄。

それでまあ、入った瞬間、やべえ!と思ったのは、このバーテンダーが、しつこいくらいの能書き屋。そして自らの京都性を、これでもかとばかりに誇大デフォルメして応対する。
その強烈な京都弁。関西弁とは違います~、大阪なんかと一緒にしないで下さい。そういう、誰でもが知ってる常套句をいやらしくも計算づくで連発する。
うるせんだよ、箱根越えたらみんな一緒なんだよ!大なり小なり、あんたらみな一緒!って言いたくなる。こっちもわざと。

しかも、そんな小さなスペースで、割れんばかりの大声でまくし立てる。まくし立てる。まくし立てる。息つくいとまあらず。
うるせえなー、ペラペラペラペラ、黙って聞いてりゃ際限なく。
こちとら耳が通常程度にゃ聞こえんだよ!
うるせえ!!!!!

酒のひとつを発注するにも、その能書きの多さ、その説明過多さ加減。・・・たまらねえ。
飲んで、うまいか、まずいか。好きか、嫌いかだけなんだよ、酒なんか!能書きを飲みに来てるんじゃねえ。
こういうのは京都ではアリなのか?
たいへん不思議なのは、私は京都のバーで、こんなバーテンダーには出会ったことがないってことだ。

昼間は昼間で会社でもまくし立て系の人間には辟易してんのに、夜のプライベートまでまくし立てられると、さすがにこの手合いの人間すべてが存在悪に思える。
基本的に、会話に行間のない人間を、私はあまり好まない。もちろん行間だらけでもイラつくわけだが。
余白をすべて言葉で埋めようとする人間は、相手の反応を待つ余裕がないというだけで、それは話術が巧みなのとは決定的に違う。うるせえだけだ。
この店は、基本的に、このバーテンダーに気持ちよくしゃべらせるための場で、客は彼の能書きに金を払う仕組み。
とにかく、こちらはゆったりと会話などを楽しむことはできない。

そして、動作の途中で入れる「よっこらしょ」「ふう~」等の効果音。それが自然ではなく、いちいち奇をてらっていて
うるせえよ!

しかも、ちょうど今夜は食事の時に、「鎌倉と京都の違い」なんかを話題にしたから、なおさら強烈にイヤさを感じた。
こちとら「武士に二言はない」文化。
あっちは要するに公家文化。
相容れるわけがないっつーの。

ああ、イヤだ。
祇園祭でも大文字でも行ってくれっつーの。
これで、この店主が、実際は京都ではなく滋賀出身だったりした日にゃ、大したもんだよという感じだが、そんなことは知る由もない。
なぜなら私はこの店に二度と足を踏み入れることはないからね。
参りました!
  1. 2005/06/25(土) 02:06:08|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スーラー餃子アーーーーーーンド麺!

20050624122406今日はニコニコあやこたっての希望でスーラー餃子やさんに。ニコニコ先生も、残り少ない丸の内グルメライフを満喫したい模様。
というわけで、いつもの「餃子」ではなく、そこに「麺」が投入されたものを発注。

【結論】
ここでは、
やっぱり「餃子」に限る!

ちなみに、同店にハセガワ嬢が乱入してきたのを我々は見ていたが、彼女はこちらに気づかなかった。
見てるようで見てないハセガワ・・・

  1. 2005/06/24(金) 12:24:06|
  2. 酸辣湯麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

体調がすぐれません!!!

天気のせい。
いや、それだけでもありませんね。
は~~~~~~~~~~~~~~~~~あ。

帰りたい!!!
  1. 2005/06/23(木) 14:29:58|
  2. 独り言ガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ランチは火曜のリベンジでタイバイキング

20050623124806
20050623124805この前混んでいて入れなかった、「サイアム」のランチバイキング。

それにしても、今日はじっとりしていて、空気が重い。当然私の体調もすぐれない。雨降るなら降ればいいのに。
ああ、うんざり。こんな日はベッドでダラダラと日がな一日すごしたい。
  1. 2005/06/23(木) 12:48:06|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョーヤ「とろける黒糖梅酒」お買い上げ!

umesh.jpg私はチョーヤ梅酒の大ファン。といっても、中に梅の入っているヤツや、さらりとしたヤツとか、ワンカップ大関みたいなヤツじゃあないのね。私クラスが飲む梅酒は「エクセレント」(ブランデー仕込み)と決まっています。いや~、ホントにうまいんだから。
で、そんなチョーヤから、「黒糖梅酒」が出ていると聞き及び、さっそくゲットしたのが、これ。
今、飲んでいるんだけど・・・・
うまい!
いかん、はまったと思う。非常にうまい。ええ、非常に。
  1. 2005/06/22(水) 23:42:52|
  2. しょうもない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

細切り牛肉とにんにくの芽&セロリのいため

ninniku.jpg今日はこんなものを作った。
細切り牛肉はあらかじめ、しょうゆ、酒、こしょう、四川豆板醤であえて下味をつけておく。
にんにくの芽は、熱湯をかけて湯通ししておく。セロリは細く切る。
ごま油で、にんにくの芽、肉、セロリの順番に投下し炒める。以上。
うまい。


tataki.jpg昨日アップするのを忘れたが、昨夜はまたカツオのたたきを作ったのであった。もちろん生のサクからね。
前回、あまりに大量のにんにくスライスを投入したため、翌日ストーン氏に「くさい!」と言われてしまった。失礼しましたね、ってかんじ。しょうがないから今回は少なめにしたわ。
今回のカツオは松屋の地下でお買い上げ。当たり前だがスーパーものより格段にうまい。
  1. 2005/06/22(水) 23:34:16|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スワン再び

20050622132106
ランチの帰り、再びお堀を見ると、スワンが近くに移動している!!!3人でバチャバチャとケータイカメラ。スワンにしてみたら、やかましいと思ったでしょうね。

  1. 2005/06/22(水) 13:21:06|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガリバルディ感

20050622130907武将、楠正成の騎馬像がモチーフになっている。なかなかカッコよろしいと思った。
馬に乗ると、誰でもガリバルディみたいに見えるのかもね。スーパースター感が。



  1. 2005/06/22(水) 13:09:07|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

楠公ランチ・・・お魚のソテー

20050622123608楠公レストハウスにて。ここは要するにはとバスなんかで観光に来る人のドライブインみたいなところ。かなり学食感あり。
でも、その割には、出されるモノはしっかりしている。味はまったく期待していなかったので、逆にびっくり。
メインを選んで、あとは野菜やスープなどのバイキング。
今日は雨の日サービスってことで、食後にアイスクリームが付きました。¥800は安いね。
  1. 2005/06/22(水) 12:36:08|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランチ

クチナシの白い花

20050622122704今では指輪も回るほど、痩せてやつれてしまったという、その女は、昔はクチナシの白い花のようだったわけですね。
・・・私とは逆ですね。指輪なんかきつくなってきましたわ。

私はクチナシが大好き。
この花の「白さ」は、ただの白じゃない!ほんものの混じりけのない純白です。それが、1日たち、2日たちすると、とたんに黄色みを帯びてくるのです。
人間も純粋でいられる期間はあまりに短い、ということです。
だから「お前のような花だった」と言うのは、男の幻想なのです。その女は今でもクチナシなのです。ただ、もう白く咲き誇っているのではない、というだけで。
・・・深いですねえ、人生は。

何より、この甘い香り。大好き。
この前も銀座の路地の寿司屋の前にあるクチナシが、芳香を放って、遠ざかっても匂っていました。
  1. 2005/06/22(水) 12:27:04|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイルド・スワン

20050622122105「今日はノーオイルデーですよ!」とハセガワに一喝されまして、馬場先門の楠公レストハウスに向かう。なぜならサラダバイキングがあるから。
そして、お堀の中を見やると白鳥が。
「スワン!スワン!」と大騒ぎ。ええ、私は小学生。
野生のスワン(野生でしょう?動物園じゃないってことは、野生よね?)、その姿はやっぱり威容を誇る。このよどみきった私の目には、神々しさすら感じられた。
  1. 2005/06/22(水) 12:21:05|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読了:村上龍『半島を出よ(上)』

上巻終了。
終わらせたかったので急いで読んでしまいたかった。
正直、半ばごろから飽きてしまったし、この先どうなるのかというドキドキ感も薄かった。

著者はよく調べたのだと思う。北朝鮮について、政治から軍の構造、生活様式に至るまで。同時に日本国内のことも。
けれどもなんというか、だからといって、いい文なのか、いい小説なのかと言えば、違うような気が。
やっぱり村上龍はフィットしない、が結論。
話がどう帰着するのかは知りたいが、でも下巻は買わないだろう。読みもしないと思う。あらましを人づてに聞けば充分だろう。

唯一私が共鳴できた箇所は以下の通り。
七十年近く生きて生きた山際は、木戸のようなタイプを何人も見てきた。そういった連中は例外なく貧しい家庭に育ち、父親との関係が悪く、強いコンプレックスと権力欲を持っていた。学問や仕事において非常に努力するが、他人への過剰な気遣いがあり、そのカタルシスとして弱いものにむやみに威張るのだ。

この箇所だけは、著者の感情が移入されていると感じたし、実際私もそういう人間たちを、そういう目で見ているわけ。

ただ、この小説には徹頭徹尾、日本政府のバカさまぬけさが描かれており、実際さもありなんという感じ。
政府関係者、官僚、こっぱ役人らは是非読むべきだね。一作家にここまでバカにされて、も少しは危機感を持ってもらいたいものだけど、・・・おそらくそんな感覚も麻痺したヤカラどもなんだろうと思うが。
  1. 2005/06/22(水) 00:41:33|
  2. 本でガミガミ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

ベルルスコーニの脂肪で作られた石鹸・・・ゲロ~!

[バーゼル 19日 ロイター] 今年のバーゼルのアートフェアに出品された作品で最も異様なものは、おそらく黒いベルベットの上に置かれたひとかたまりの石鹸だ。作者のアーティストによれば、これはイタリアのベルルスコーニ首相が脂肪吸引手術をした際に出た脂肪から作られたという。
チューリッヒのギャラリー、ニコラ・フォン・ゼンガーによれば、ジャンニ・モンティの作品「クリーン・ハンズ」(反マフィア団体を茶化した題だ)は、公開から一時間以内にスイスのコレクターに1万5千ユーロ(およそ200万円)で購入されたという。

「偉大なアーティストは常に我々を並外れた経験へと導きます。それこそ我々が常に求めるべきものであり、それは現在もなお進行中なのです」

artbaselsoap.jpg人間を石鹸にするという発想じたい、なんら新しいものじゃないじゃない。
ナチがアウシュビッツで試みれば罪悪で、政治家を茶化せばユーモアに富んだアートだってこと?
こんなのアートなんかじゃない。悪ノリが過ぎるよ。悪趣味の極致。
成金はイヤだね!ほんっと、嫌いです。
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081119313555.html
  1. 2005/06/21(火) 23:30:42|
  2. ニュースにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
これ以前の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。