ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ほんっとショック!ヒゲが生えてきたらどうしてくれるの?

ちょっともー!
わたしの美しいアゴにボツボツが!
この年になってボツボツができるとほんっと不愉快。
ジャッキー・ブラウン、ウツミ嬢が心配してくれ
「それ、ホルモンニキビですよ!」と言う。
なにそれ?
「それは、仕事しすぎたりすると、男性ホルモン過多になって、男ならヒゲが生えるべきところにニキビができるんですってよ!」
なあにそれ!!!
「かわいそうなガミガミさん!それはストレスですよ」
ああ、不愉快!
すかさず
じゃ、もう帰っていいですか?
って思ったんだけど、
そのうち、ヒゲが生えてきたらどうすんのよ!
と叫んだら秘書のお姉さんたちは爆笑していたが、笑い事じゃーないのよ。
男性ホルモン過多になって、ハゲてきたらどーすんのよ!
・・・もう、そうなったら井脇ノブ子先生みたいに、ピンクのスーツ姿で、ネクタイ締めて、オッサンとして生きるしかない。
私の女性性を保持するためにはせいぜい10:00出勤15:00退社がMAXなのではないだろうか?
ほんっと、勘弁してよ!
スポンサーサイト
  1. 2005/09/30(金) 23:38:35|
  2. 独り言ガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

I've Never Been To Me

わたしはこの曲でも捧げましょうかね。
今見たら、ものすごい深い話ね、これ。

Hey lady, you lady, cursing at your life
You're a discontented mother and a regimented wife
I've no doubt you dream about the things you'll never do
But, I wish someone had talked to me
Like I wanna talk to you.....

Oh, I've been to Georgia and California and anywhere I could run
I took the hand of a preacher man and we made love in the sun
But I ran out of places and friendly faces because I had to be free
I've been to paradise but I've never been to me

Please lady, please lady, don't just walk away
'Cause I have this need to tell you why I'm all alone today
I can see so much of me still living in your eyes
Won't you share a part of a weary heart that has lived million lies....

Oh, I've been to Niece and the Isle of Greece while I've sipped champagne on a yacht
I've moved like Harlow in Monte Carlo and showed 'em what I've got
I've been undressed by kings and I've seen some things that a woman ain't supposed to see
I've been to paradise, but I've never been to me

[spoken]
Hey, you know what paradise is?
It's a lie, a fantasy we create about people and places as we'd like them to be
But you know what truth is?
It's that little baby you're holding, it's that man you fought with this morning
The same one you're going to make love with tonight
That's truth, that's love......

Sometimes I've been to crying for unborn children that might have made me complete
But I took the sweet life, I never knew I'd be bitter from the sweet
I've spent my life exploring the subtle whoring that costs too much to be free
Hey lady......
I've been to paradise, (I've been to paradise)
But I've never been to me

(I've been to Georgia and California, and anywhere I could run)
I've been to paradise, never been to me
(I've been to Neice and the isle of Greece while I've sipped champagne on a yacht)
I've been to paradise, never been to me
(I've been to cryin' for unborn children that might have made me complete)
I've been to paradise, never been to me
(I've been to Georgia and California, and anywhere I could run)
I've been to paradise, never been to me
  1. 2005/09/30(金) 22:29:31|
  2. 音楽でガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠足

20050930121509今日はお天気いいので大人の遠足日より。
姉さんと二人で築地へ。新規開拓ということで、前から気になっていたナントカ水産(晴海通り沿い)にゴー!ここのおばちゃんは典型的な江戸っ子(愛想ナシの方のタイプ)。「はい、なに?」と注文を聞く瞬間「とっとと食ってとっとと出ていきやがれ!」というオーラを感じたね。これ系の人、結構いるけど、私決して嫌いじゃありません。
肝心のご飯は、私「鮪イクラ丼」姉さん「鮪ウニ丼」。共に¥1000だけど、それならいつも行ってる店のほうがいいかなあってかんじ。けどま、ここもうまいんだよ、念のため。
  1. 2005/09/30(金) 12:15:09|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見逃してはいけない!!

木場の木遣り、角乗り!
10月16日(日)

http://www.pia.co.jp/aki_pia/kiba_kakunori.html

江戸の華麗なる職人技にハラハラドキドキ!
江東区民まつりの民俗芸能大会は、江戸町人の仕事や文化が再現される貴重な催しだ。その皮切りが木場公園入口広場イベント池ではじまる木場の角乗。葛西囃子が速いテンポで演奏されるなか、地乗りから相乗り、から傘乗り、駒下駄乗りなど難度が増してくる。大会の最後を飾るのが深川の力持。力自慢が下に横たわり、その上に米俵と臼をのせて餅つきがはじまる。さらに小船まで乗せて「七福神宝の入船」が完成する。つきたての餅も振る舞われ、江戸の伝統芸の凄さに感服する。


関連情報
江戸の端唄
  1. 2005/09/29(木) 22:54:16|
  2. メモ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

阪神優勝を見届けるべく、とっとと家に帰る。

ま、そうじゃなくてもとっとと帰りたいタチですけど。

実はほとんどアピールしていないのだが、私はタイガースが大好き。
でも、もし関西出身だったらタイガースファンじゃなかっただろうと思うよ。いかんせん天の邪鬼だから。

今年の優勝はさー、前回に比べてあまり感動がないんだよね、わたし的には。
前回は涙が出てきたけど、今回はね~。
結局のところ、わたしは阪神が勝つチームだから好きなんじゃなくて、単に阪神が好きだってことね。勝とうが負けようが。
強い阪神になんとなく他人感を感じたりもする。
でもやっぱり優勝っていいものです。特に岡田にとってはよかったと思う。星野で勝てたのに、岡田じゃダメだって言われたら気の毒だもの。今岡と浜中育てたの岡田だしね。
藤川、変な顔してるけど、今シーズンよく頑張った。

読売のバカ、巨人戦の視聴率取れないから中継打ち切りにした(誰かが「そもそも数字取れるんですか?」って言ったわけね)のに、優勝決まる今日の試合(阪神ー巨人)はやるわけね。数字取れるイメージあったわけね。本当にイヤな会社だな、読売!
  1. 2005/09/29(木) 19:56:58|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

今日のスワン

20050929130606おまるみたい。
ワイルドスワン、今日はつがいでね!
  1. 2005/09/29(木) 13:06:06|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

皇居で

20050929123006お天気いい日。
そんなときは緑を目にしたいもの。というわけで馬場先門から皇居へ。
ランチは「和風スパゲティ」にしたんだけど、何が出てくるか知らない。ひそかにきのこ系期待だったが出てきたのは明太子系。なぜかやたらピンクが強調されている。合成着色料か、ビーツなどの天然系か・・・などと考えたら食えなくなるので、何も考えず食べた。
今日はコストパフォーマンス激低だと思う。1000円。
  1. 2005/09/29(木) 12:30:06|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんで今?

20050928220908え?もうそんな季節?店を出たらこんな時期に突然電飾。もうクリスマスなら、なんか生き急がされている感じだわ。

今夜は某氏と夕食。最近アプローチかかり気味だったので若干のやな予感を持ちつつ。
こういうときは慎重にするというより、ぶっちゃけ洗いざらいのほうが、逆に気まずさを残さなくていいものだ。若い頃はそういうさじ加減がわからなくて、今思うと必要以上に相手を傷つけたと思う。今は禍根を残さずに友情を保持し、信頼を築く術を覚えてきたかなという感じ。
それに、遠回しに探りを入れられるよりは、単刀直入にあれこれ質問してくれたほうがよっぽどやり易い。私は別に隠すことないのでね。聞かれりゃ話します。妙な含みや思わせぶりは誤解を生むだけ。
そんなわけで今夜は深~いオトナの話全開。だってオトナですもの。おかげでなんだかとっても楽しかった。
某氏はいろいろと私を喜ばせることを言ってくれる。某氏に限らず、そういうことを掛け値なしに、素直に嬉しいと受け止められる自分もいて、私もいよいよオトナになってきたなと感じる今日この頃、秋の夜長。実年齢が中身に追いついてきた感じして、我ながらバランスがよくなっていると実感している。自画自賛大切よ。
ま、いくつになってもモテる人でいたいですね。

どうでもいいけど、私の強烈でほとんど致命的な花粉症、レーザーで鼻の粘膜を焼き切ったほうがいいとしつこく説得された。・・・・・うーん。やるかな。
  1. 2005/09/28(水) 22:09:08|
  2. 男と女
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

うまいニョッキが食べた~~~~~~~~~~い!!!

gnocchi.jpeg

ニョッキ!!!
ああ、ニョッキ!

食べたい!ムショーーーーーーーーーーーーに食べたい!
食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!食べたい!

この写真、クリックしてみてよ!
こんなものを見たらもう、唾液倍増ですよ。
これはイタリアで暮らしている我が友のブログから。こんなものを見せられたら、ほとんど拷問です。
やっぱ豊かだなあ、イタリアの生活。ひきかえ私は・・・まるで古代ローマの奴隷じゃないの!(早く闘牛でもやって、勝って、身分を解放されたいなあ)

しかしながら。
私のミラノの母はある時来日して言いました。
「あなた!イタリアにいたら毎日毎日、白焼きが食べたいとかふぐが食べたいとか、こんなの寿司じゃないとか、納豆が劣化しているとか!ブツブツブツブツ言いっぱなし!
日本に来たら今度はなに?こんなのプロシュートじゃないとか、うまいフォルマッジョないとか・・・。
そんなものあるわけないでしょ!日本なんだから!
あなた日本にいたらねえ、日本のモノ食べてりゃいーのよ!納豆食べてなさいよ!!!!」
見事に一喝されたのであった。まーたしかにそうなんだよね。
彼女にはアタマ上がんない私。
それ以来、文句言うのをやめている(これでもね!)私。

そんな私に、こんなニョッキの写真は拷問なのよ!
  1. 2005/09/28(水) 18:20:57|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

恐るべしハセガワ姉さんの集中力

20050928152106ほんの1メーター前で、くだらない話をしているのに、まったく我々の方を向いてくれないハセガワ姉さん。
そしてそんな姉さんの気を引こうと必死な我々。
写真撮ったらその音にはすかさず反応したハセガワ姉さん。
  1. 2005/09/28(水) 15:21:06|
  2. ハセガワ姉さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今日のハセガワ姉さん

20050928140311<ファン必見!>
レディースデイのランチドリンク&デザートに大喜びの姉さん

【今日のハセガワ情報】
私は寝坊し、テレビをつけたらはなまるマーケットがおっぱじまっていた。つまりみのも見逃したわけだが、そんな日はいっそ10時頃までウダウダしているのもおつなもの。とは言え、まあ普通に支度してタバコ吸って、家を出たらバス停に姉さんが!
つまり、夢の姉さんと同伴出勤!を実現したというわけ。

【今日のわたくし情報(姉さん同様わたくしもよろしく!ってかんじ)】
にわかに降ってわいた究極の経費削減政策、その名も
「一日チップ込み1000円大作戦」
そんなもん、どうやって実現するのか?というお話しで、だいたいタバコ代だけだって1日1箱270円かかるというのに・・・それならいっそ禁煙作戦はどうか?タバコなんか吸わないにこしたことはないのだ!
などと議論が発展。まあ禁煙は無理にしても、本数を減らせれば嬉しい限り。そこで、「3日で1箱」を目標にすることに。
ということは、1日7本ペース。実現できなくもない数字だが、かなりきつい。最近特に本数が増えてきている私だけに。
だいたい、そんなことに取り組むモチベーションはどこにあるのか?
・・・ということで、もし1週間これに成功したら、姉さんが私を喜ばせてくれるという夢のようなご褒美が設定された。やった!姉さんはどのようにして私を喜ばせてくれるのだろうか?
う~ん、わぐわぐすんねぃ!
  1. 2005/09/28(水) 13:06:04|
  2. ハセガワ姉さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼肉ランチ

20050928123906今日は姉さんとビバキャデさんと共に「CHANGO」の500円ビビンパへ。と思ったが750円の焼肉丼。
焼肉の上にマヨネーズがかかっているカロリフルなもの。全体的に味付け濃い。水曜日はレディスデイということで、女性にはドリンクとプチデザートが付く。なかなかよろしい心がけですのぅ。
今日の議題は「1日チップ込み1000円」問題。昨日あれだけ大騒ぎしていたのに、一切そんな盛り上がりを耳に入れていない姉さん。この人の耳はどうなっているのか?くだらない話に一切参加しない姉さん。ギャグを一切シャットアウトする姉さん。何者なのか、この人は一体?
  1. 2005/09/28(水) 12:39:06|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オゾンの『ふたりの5つの分かれ路』情報

まだやってる。
シャンテ
10:45/13:00/15:15/17:30/19:40~21:25(終)

オフィシャルサイト
  1. 2005/09/27(火) 12:03:39|
  2. 映画でガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『理想の女』を観て帰る

goodwoman.jpgスカーレット・ヨハンソンの『理想の女』だが、劇場予告を観た段階で、私はヘレン・ハントの役どころに強烈に惹かれ、絶対観たいと思っていたのだ。
もちろんオスカー・ワイルドの原作(「ウインダミア卿夫人の扇」)を、ロケ地アマルフィにアレンジしてどう描いたかも気になっていたのだが、観てほんとうによかった!
たぶん今年劇場で見た映画の中でマイベスト3に入る。No.1かも知れない。というか、間違いない。

最初からどう見たって、ヨハンソンよりヘレン・ハントが圧倒的に魅力的である。
あらゆる金持ち男をたぶらかしては、金づるにして放蕩を尽くし、夫人連中からは当然ながら憎悪の対象、いわゆる「いやな悪女」の典型例として描かれるが、彼女は強く、したたかで、プライドがあり、なによりウィットに富んでいる。それに毒気を含んだ彼女のセリフはすべて真理である。例えば「世間の噂と真実の、どちらを信じるの?」とか「世間の目を気にして生きると、本当の自分を見失うわよ」とか。
まーこれらは要するにオスカー・ワイルドがミセス・アーリン(ヘレン・ハント)の役を借りて放っているメッセージなのであるが。

まあ、ストーリーの説明は避けるが、本当にいい映画だった。
1)セリフが大人っぽく洒落ていて 
2)世の中の「普通」とされるものに対するアイロニーがあり
3)ストーリーにウソくささがなく
4)しかもエレガントである
という点で、たいへん私好み。
というわけで、今年のナンバー1だと思う。
私は終盤3カ所で泣いた。ひとつは船の中でタピィがアーリンを「俺の理想の女なんだ」と言って、食わせ物の彼女との結婚を咎める仲間たちを遮るところ。もう一つは、その直後、自分が悪者になることで、本当は自分の娘であるメグをかばうアーリンのシーン。そして、最後は、そんなすべての背景を知った上で、もう一度アーリンに求婚するタピィ。こんなに懐の深い男はいない。実際、どんな噂があろうとも、最初からアーリンが本物のいい女であることを見抜いたのはタピィだけなのだ。

原題は「A GOOD WOMAN」で、「理想の女」というより「いい女」のほうが合ってると思う。
世の中、ホントにいい女は「いい人」の顔なんかしていたためしがないのだ。
そういえば、ヘレン・ハントのこの役は、ちょっと『ムッソリーニとお茶を』のシェールの役どころに似たものアリ。
ひきかえヨハンソンのほうは、なにもわかっちゃいない、純粋というより単なるバカな子供にしか見えなかった。というか、そういう役をうまく演じたと思う。

『理想の女』オフィシャル・サイト
ここには「あなたの理想の女度チェック」があるよ!


<追記>
チカコちゃんへ
オゾンの「5×2」、わかった!日本タイトルは「ふたりの5つの分かれ路」だった!
観たいと思っていたけど、逃したかも知れない。まだやっているかしらね。
  1. 2005/09/27(火) 00:21:08|
  2. 映画でガミガミ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

久しぶりに沖縄

20050926131507今日から仕事に復帰!
言うまでもなくイヤに決まってます。昨夜なんか寝る前にお腹ピーピーになっちゃったもんね。私って正直だなと思ったわ。
そんな私、もうほんっとかわいそう!
で、会社に出てはきたものの、休みの前になんの仕事してたか、さっぱり忘れちゃってますからね。
だーから、お昼時間が待ち遠しくて!
北海道のあとは沖縄でしょ。で、タコライス。¥800。うまかった。今日はスープがコーンスープだったわ。
  1. 2005/09/26(月) 13:15:07|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フランソワ・オゾンの『まぼろし』

maborosi.jpg監督フランソワ・オゾンの、というより女優シャーロット・ランプリングのと言ったほうがいい映画。
主人公がシャーロット・ランプリングでなければ成り立たないと言えるほど、彼女の存在感のみで出来得た作品。秀逸。
長年連れ添った幸せな夫婦。夏のバカンス、夫は砂浜から忽然と姿を消してしまう。失踪か、事故か、あるいは自殺か。いずれにせよ彼女は夫の不在、あるいは死を受け入れない・・・。
微妙な表情の変化で見事に抑制された感情を表現するシャーロット・ランプリング。本当にすごい!こういうふうに年をとりたいものである。

原題「Sous le sable」を「まぼろし」と訳したのはセンスいいね。
  1. 2005/09/26(月) 00:06:18|
  2. 映画でガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『真相はこれだ!』

shinso.jpg『真相はこれだ! 不可思議8大事件の核心を撃つ』 祝 康成著 新潮社

入念な取材と調査によって、新聞やテレビでは報道されることない事件の裏側を解き明かすノンフィクション。

第3章「丸山ワクチンはなぜ認可されなかったのか」は、日本の医学界に今も当然の如く残る東大を中心とした実にくだらない権威主義の実態をつまびらかにしている。
もちろん、まことしやかに知られた話ではあるが、ここまでディテールをつかれると、あまりのアホくささに憤懣やるかたなしという感じ。
閉ざされたインナー(ここでは東大を中心とした医学界)にばかり目を向けて、消費者(ここではガン患者)の幸福など一切考慮されていない。本当にロクなもんじゃない。
その他には、第4章「美空ひばりが紅白から消えた日」が面白かった。
ひばり一家と山口組との関係、そしてNHKとの確執。『仁義・・・』を見た後だから、興行とヤクザの関係、そして警察の頂上作戦による反ヤクザ世論の盛り上がり・・・などがリアリティをもって感じられた。
私、ひばりはダメなんだよね。
青江三奈はよくても、ひばりはダメなんだよね。それは一言で言てしまえば「下品だから」。
  1. 2005/09/25(日) 17:04:50|
  2. 本でガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

琴欧州どうなるか?

琴欧州!
もちろん私が嫌いであるはずがありません(黒海も好きよ)。
ハンサムなのに悲しげで、明るくないところがいい。
朝青龍。
彼も大好き。あんなエクスプレッシブな力士は今までいなかった。
プリプリしていて明るいところがすごくいい。ほんとうに強いし、堂々としてていいわ。

でも、今場所は、琴欧州に勝たせてあげたいわ~。
  1. 2005/09/25(日) 15:10:41|
  2. スポーツにガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

体重を取り戻した宮尾

20050925135406220050925135406
一時は激ヤセで調子も悪かったのだが、今はこの通り、がっしりしたもとの体格に。
  1. 2005/09/25(日) 13:54:06|
  2. シマと宮尾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アゲハ蝶の幼虫発見!

20050925122256.jpg20050925122343.jpg

山椒の葉っぱがほとんど食べられている。よく見ると、やっぱりいましたアゲハ蝶の幼虫。合計3匹いた。
しかし、つくづくユーモラスな姿をしているなぁ~。
背中の、目のように見えるのは、敵(鳥)の目くらましのための模様で、本当の目は先っちょにちょんと小さいのが付いている。
よくできているなあ・・・。今日は台風だけど、頑張れ!
  1. 2005/09/25(日) 12:27:52|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【仁義なき戦い】秋の仁義まつり第2弾

jingi_chojo.jpgjingi_kanketsu.jpg
『仁義なき戦い』シリーズ、我々に課せられたのはあと2本。『頂上作戦』と『完結編』であった。
第1作が“ヤクザの勃興”第2作で“若い者の台頭”第3作“新旧交代とアライアンス”なんかがテーマ、「昇りつめていくヤクザ(組織)」を描いていたのに対して、4、5作は追い詰められていくヤクザ、および衰退を余儀なくされる組織、といった感じ。
ただ、前3作に比べてスポットを当てるべき人物がおらず、出所した大友勝利が千葉真一ではなく宍戸錠になっていたりと、なんか違和感。抗争も、いよいよわけがわからなくなった若い衆の意味の無いドンパチという感じで、う~ん・・・・・。
ただ、相変わらずセリフはすさまじく含蓄に富んでいる。
『完結編』の終わり方は、広能が足を洗いカタギになることを決意することで決着するが、なんとなくあっけない感じ。

ともかく、これで本編をすべて見終わってしまった。充実感と共に、寂しさも若干感じるね。だって、これほど面白いシリーズ、そうそうはないんだから・・・。
  1. 2005/09/24(土) 20:29:13|
  2. 映画でガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家をきれいに保つこと

clean.jpg旅から帰ったら家が異常に汚いことに気付く。ハラが立ったので、といっても自分のせいだが、キッチンまわりと洗面台まわりを「ジフ」できっちり磨く。
こういうピカピカしていないといけない箇所は、きちんとピカピカしていないと気持ちが悪い。
ガスレンジも、常に買ったときの状態であることがベスト。そのためには、使用したら必ず片づけるときにきれいにすることなんだけど、最近なかなか怠り気味だった。
本当は床も拭きたいのだけど、出かける予定なので今日は時間なし。掃除の基本は拭きなので、本当なら週1回は徹底的に拭きたいところだが。
家はきれいにしておくのが基本中の基本。
夏木マリだって言っている。
「ホテルの部屋は散らかすが、自宅はいつもきちんとしている」
私もまったく同意見。
最近なにかと怠り気味なので、ちょっと自戒を込めて。
  1. 2005/09/24(土) 12:36:08|
  2. 独り言ガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャガイモとチーズ

potatoandcheese.jpg
北海道でいろいろチーズを買ってきたので、猛烈な勢いで消費しないといけない。
帰宅した夜はハセガワ姉さんを招いて夕食。
魚関係の前菜と、ジャガイモとチーズの「えせフリッコ」(ウーディネの典型的なチーズ料理)、リコッタとパルミジャーノのパスタという、とんでもなくカロリフルなメニュー!
おいしかったし姉さんも喜んでくれた。
koban-01.jpg今日はポテトの切り方を変えて、別なチーズでやってみる。このチーズは共働学舎で買った「コバン」という白カビタイプのもの。コクがあってうまい!
やばい、これから毎日チーズ食べるだろう。やばい!
  1. 2005/09/24(土) 12:04:20|
  2. 食欲!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そして勝どきの我が家

20050922161808空はどんより、湿気はべったり。
日本て広いわね、こんなに様子が違うとは。さっきまで北海道にいたなんてウソのよう。
  1. 2005/09/22(木) 16:18:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

新千歳空港にて出発を待つ

20050922122104充実した旅だった。
東京に帰るのがイヤだなあ。
というか、単に仕事に戻るのがイヤなだけ。そんなことは知れている。
  1. 2005/09/22(木) 12:21:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

札幌駅

20050922095104ホテルから駅まで乗ったタクシーの運ちゃんに重い身の上話を聞かされる。
こんなさいはての土地に来てまで、また!と思うが、見知らぬ私に話して少しでも気が晴れるならいいじゃないか。
みんないろいろあるけど、仕方ないから頑張っている。世の中にはいろんな不運や災いがあり、そんなことは予想がつかない。
だから計画性なんか、結局なんの役にも立たないと思う。計画なんか無駄なのだ。それより局面打破の能力のほうが、よっぽど大切だと思うよ、私は。
  1. 2005/09/22(木) 09:51:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

夜の札幌

ボタン海老

20050921213007若干焼き過ぎなのではないか?と思ったが、まあうまい。

■半蔵
札幌市豊平区平岸2条13丁目2-23
011-842-2887
  1. 2005/09/21(水) 21:30:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

タラバ

20050921212106220050921212106

ホントは毛ガニが好きだけど。
念願の焼きガニ!カニを食べるときは言葉少なになるね。
  1. 2005/09/21(水) 21:21:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

今日も月がでかい

20050921203005ホント充実した旅だった。新十津川村を見て心からしみじみしてきた。
ほとんど関わることがないと思っていた場所に突然やってきたのだ。ある意味、先祖の墓参りをしたようなものだ。
自分のルーツって大切だ。先祖の苦労の続きにこの自分があるのだ。
旅の最後にとんでもない収穫を得たような気がしている。
たぶん私が生活の場を変えることに、たいして抵抗がないのは、もしかして開拓者のDNAかも知れない、なんて思ったり。・・・まあ単に飽きっぽいというだけなんだが。
とにかく大切なことは局面打破する力だ。先祖だって、移住したくてしたわけではない。そうするしかなかったわけだ。で、するとなったら、過去を振り返ったり嘆いたりしてもまったく意味がないということ。要するに切り開けばいいのだ。

  1. 2005/09/21(水) 20:30:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
これ以前の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。