ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Bitter Sweet Samba

お花をたくさん見たせいか、私は非常につらい時期を過ぎて、平和な時期に入った気がしている。気がしているってゆーより、そうであって欲しい。
時期が来たら花が咲くように、いつまでも冬ではいられない。
でも思ったんですけど、bitterなことがあるから、sweetなことがホントにsweetに感じられるのかも知れない。bitterなことはsweetなことを感じさせるためにあるのかもしれない。
だとするとbitterなことは無駄ではなくて、必要なことだったのかも知れないなあ、なんて。トンネルのあとの青空が気持ちいいのと同じかしら。
だったらbitterなことにも感謝しないとね。少なくとも、sweetなことの喜びをわからせてくれたので。
と言いますか、陰があるから陽があるわけで。
太陽もあれば月もある。
雨もあれば晴れもある。
うまいものもあればまずいものもある。
でも自分の味覚大切。私がうまいと思うものが、うまいもの。どう頑張っても、まずいものはまずい。人のジャッジはどうでも。
死んだおじいちゃんは「世の中には、うまいものとまずいものしかない」と言っていた。
「うまくないってことは、まずいってことだ」と。
そういえば私は「まずいものでも無理して食べろ」と教育されたことは一度もなかった。
それどころか、「まずいものは身体に毒だ」とまで言われていたんだった。
・・・なんか、身に染みてくる。
でもね、まずいものがあるから、うまいものがうまいと感じるのかも知れないよね。
あ~あ、おじいちゃんに会いたいな。

・・・って、そんなことが言いたかったのかしら?よくわからなくなってきた。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/11(火) 00:21:11|
  2. 考える人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/1147-44c5d087
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。