ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ブロークバック・マウンテン』

brokeback.jpg今日は超久しぶりにアカネちゃんと映画に行った。
前(同じ会社にいたとき)は、しょっちゅう映画見に行けてたんだけど、転職したらお互いクソ忙しくて、平日映画に行ける機会、つーか権利を完全に失ってしまったのさ。
で、今日見たのは、『ブロークバック・マウンテン』。これ楽しみだったの。
アメリカではいくつかの州で上映禁止だったカウボーイのホモ映画。と言ってしまえば身も蓋もないんだけど、時代的にも地域的にも同性愛がもってのほかだった社会環境下での、男同士の悲恋についてのお話。
というかね、むしろ単なる恋愛映画なんじゃないのと思った。
誰だっていちばん好きな人と一緒にいたいわけだけど、必ずしも異性同士だからいいというもんでもなかろうという感じ。単純な話、争いの耐えない異性のカップルよりか、ピースフルな同性同士のほうがマシなんじゃないのかと私は思っている(エルトン・ジョンを見りゃわかる)。
実際、この映画の中では彼らとそれぞれの女との関係を描いたシーンは諍いばかりでうんざりするのに、彼ら2人のシーンはすごく自然。そんなにいい関係なら、一緒にいさせてあげるほうがよっぽどいいんじゃないの?と観客に思わせる。
しかも、これに出てくる女というか、奥さん連中が、揃いも揃ってバカばっか。女としてまともな愛情を示せるのが、死んだジャックのお母さんと、残されたイニスの娘だけっていうのも観客の同情を誘う。
それと、同性愛者だというだけの理由で殺されたりする、西部の異様な保守性も受け入れられない。好きにさせときゃいいじゃんて感じ。
泣くほどじゃなかったけど、最後のシーンはじーんときた。
そうはいっても、主役がこの俳優2人じゃなかったら、強烈な嫌悪感を催したかもしれない可能性大。
いい作品なのに、題材のせいで、いまだ保守的な審査員のアカデミー賞(作品賞)は獲れなかったってところが、皮肉な感じ。
『ブロークバック・マウンテン』
スポンサーサイト
  1. 2006/04/16(日) 01:10:44|
  2. 映画でガミガミ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/1173-9d67ed29

ブロークバック・マウンテン

ブロークバック・マウンテン2006年3月4日 | 上映時間 = 134分| 製作国 = アメリカ| 言語 = 英語| 制作費 = $14,000,000| 興行収入 = }}『ブロークバック・マウンテン』(Brokeback Mountain) は2005年製作のアメリカ映画である。原作は、E・アニー・プル
  1. 2007/05/24(木) 10:45:19 |
  2. あかねの部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。