ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ヒトラー 最後の12日間』を見る

待ちに待った日本公開。満を持して見に行く。

物語は、ヒトラー最後の秘書を務めた女性の目を通して描かれ、女性が秘書に採用されるところから始まり、ソ連軍のベルリン侵攻が決定的となり、自決するまでの文字通り最後の12日間を描いたもの。

私の感想は、やはり「人間的に描きすぎている」である。これではドイツの(ヨーロッパの)年輩者は当然危惧を抱くだろう。
ストーリーはヒトラーの残虐性や、ナチの行った行為、生々しい拷問や戦闘シーンは描かれない。敗戦濃厚となったナチ司令部の人間模様と、狂乱していくヒトラーの様を映し出すものである。
そこには哀れな敗北者、みじめな狂信者、誇り高く自決するナチズムの殉教者・・・としてのヒトラーの姿しかない。
全幅の信頼を置いて寵愛していたヒムラーにも裏切られ、陥落目前のベルリンへの援軍を指示する様子は哀れとしか言いようがなく、また、ストーリーテラーである秘書嬢へのやさしい気遣いは紳士的で、まさに「いいオッサン」である。
愛人エヴァ・ブラウンも非常に好意的に描かれ、これじゃ単なる「いい女」。ゲッベルスの女房はすさまじかった。

ま、確かに、このような「人間ヒトラー」へのアプローチがあってもいいとは思うが、情緒的すぎるんではないか?
ナチの歴史を正確に知らない者にとっては「かわいそうなヒトラーさん」になってしまう。これは相当危険なことで、そこが、ドイツでの「論点」なわけだが、私の感想としては前述の通りである。
ラストで、現在の(今は死去)秘書その人が「あの時は何も知らなかった。今思えば自分はバカだったと思う。若かったから何もわからなかった、は言い訳にならない」と告白しているのが救いである。

それと、ナチ幹部が追いつめられ、自害したりお互いに銃を向けて最後を迎える(ソ連軍にやられるくらいなら死んで誇りを守る)ところなどは、追いつめられた日本軍の姿に重なる者があり、改めて日独の精神性の類似点を見る思いだった。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/20(水) 01:50:21|
  2. 映画でガミガミ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

コメント

私は、その秘書のインタビュー映画を見たわ。日本では未公開みたい、残念。↓
http://www.sonyclassics.com/blindspot/core/blindspot.html
  1. 2005/07/20(水) 07:36:00 |
  2. URL |
  3. mistymont #-
  4. [ 編集]

mistymont さん

どうだろうね。
いつか入ってくるかもね。ユーロスペースみたいな小さなところで。
  1. 2005/07/20(水) 09:53:47 |
  2. URL |
  3. ガミガミ屋 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/133-eb991234

ヒトラー ~最後の12日間~

市原悦子主演「家政婦は見た!」ではなく、「女性秘書は見た!ヒトラーの真の姿を!!」映画の日、夜の部。この日4本目で最終。「ロボッツ」、「ポケモン」の2本のアニメと、オバカ人形劇「チーム★アメリカ」を鑑賞後の歴史映画。茶化したような書き出しで
  1. 2005/08/05(金) 02:02:14 |
  2. ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

映画: ヒトラー 最期の12日間

監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル製作・脚本:ベルント・アイヒンガー出演:ブルーノ・ガンツ/アレクサンドラ・マリア・ララ/コリンナ・ハルフォーフ『ヒトラー 最期の12日間』オフィシャルサイト見終わってしばらく、久々に「いい映画だなぁ・・・」と感慨に浸った...
  1. 2005/09/26(月) 16:58:06 |
  2. [K]こあら日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。