ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そして夜は更ける

先週1週間を風邪(というか気管支炎)で棒に振ったわけだが、ある意味いいお休みだったと思って気を取り直すことにしよう。
単純に体調が悪いので会社に行けないのがファクトなのに「本当は大丈夫なのに、行きたくないだけなんじゃないの?」と思ったりしたってことは、やっぱしどっかで、本気で会社に行きたくないと思っている自分がいる(明らかに、本来の「できれば行きたくない気質」とは異質なもの)ことを認識させられたので、明日の朝はどんなに行きたくなくても、会社に行ってやる!そうじゃなきゃ、金輪際行かなくなってしまいそうで・・・というか、自発的に「行かない」という選択肢をとってしまったりする自分のことをよく知っているので、どんなにイヤでも会社に行くことを明日のテーマにしよう。
・・・「当たり前じゃん」的なことはどうか言わないで!普通の人にとっては「普通」なことが、私にとっては「大変なこと」なんですから。私はただでさえ、普通の社会生活を送るのが困難なようにできているのですから、どうか私を気分良くさせて欲しい。ある種の人にとってはわけもないことが、私にとっては困難極まることだったりするのですから。
・・・ふざけているわけではなくて、私は自分が「普通」じゃないことくらい知っていますって。でも、そんな私でも、普通に生きていくためには人並みの発想であるとか、自分には足りていない世の中の基準とかを参考に行動しなければならない時だってあるわけで、それって私にとっては、逆に「挑戦」だったりするわけなんですけど、なかなかわかってもらえなかったりね。それも悲しいものですけどね。
まあ、週末は「転地療法」が奏功して、気管支炎も終息の気配。リラックスしたら、たちどころに不調は改善されるのね。これが月曜になると、どういうことになるかも目に見えているけどね。
ま、そうやって人間、目の前の困難から視点を他に移したりして、いわば、だましだまし生きていくようなもんですかね。で、「だましだまし感」ていうのは、いつか解消されるもの、と信じるには、我々はすでに年をとりすぎていて、たぶん死ぬまでだましだまし生きていくものなのか・・・。などと、女友達と電話で話して、何とも言えない気分になる。
生きるって難しい。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/12(月) 01:58:39|
  2. 独り言ガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/1353-ba83b23e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。