ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ほんとうの仕事ってなんだろう?

私のライフテーマであり、何年もずっと考えているけれどわからない。最近、また真剣に考え始めるようになっている。
ジュゼッペ・ヴェルディはCasa di riposoをミラノに作り、その館が完成したとき
Questa e' la mia opera piu' bella!
と言ったのだ。
この話に感動しただけではなく、では私にとってヴェルディのCasa di riposoにあたるものってなんだろう?と思うのだけど、未だわからない。
女として、というか大人としてなのか人間としてなのかわからないけど、最大の仕事は1人もしくは複数の人間を生み、育てることなんだろうと思う。実際、それ以上に重要な仕事はないような気がする。どう考えてもそうとしか思えない。
じゃあ、私のように子供を持つことをハナから拒否している人間は、それに代替する何か有益なことをしないとまずいんじゃないか、生きている意味がないんじゃないか・・・と思うわけだが、それは果たして何なのか?
少なくとも、現在従事している仕事ではまったくないと考えるわけだが、じゃあ、何?
別に派手である必要はないし、その仕事によって私が有名になるとか、成功するとか、そういう類のこととはまったく異なるベクトルの話。
というか、むしろ地味で地道で人知れず、的な方向だろう。おそらくそれによる収入が発生した時点で、それは違うことになるだろう。また、その仕事の成果がカタチあるものとも限らない。
なんだろう?いつまでに見つければいいんだろう?
それとも、そんなことは考えずにいたほうがいいのだろうか?・・・というか、考えずにいた場合、その人生は破綻しないのだろうか?
スポンサーサイト
  1. 2006/06/13(火) 01:55:33|
  2. 独り言ガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

今、同じようなこと考えてます。
実は私も一歩踏み出そうと思っています。
明日、ランチいきたいですね。
  1. 2006/06/13(火) 02:13:43 |
  2. URL |
  3. KS #-
  4. [ 編集]

職業に貴賎はありませんよ

何をしても世の中の役に立つし、無駄なことなんか何一つないと思います。
ガミガミさんは、僕が福祉の仕事をしているから29の会では社会貢献係りに任命いただいたのですが、僕は自分の仕事がどうしてもそう思えないです。
ただ、働いている時間が単純に1日8時間ぐらいだとしたら、1日のうち、3分の1が仕事。
その仕事がつまらないってことは、人生を3分の1損した気分になるので、どうしたって楽しくしたい。
そのために仕事では「福祉の福は幸福の福だ!幸せにならなきゃ」等ともっともらしいことを口にして、一体、何がしたいのか、よくわからない。
せいぜい、僕の心の持ち方ぐらいしか自由にならないんじゃないか、そう思うんです。
そうそう、僕はガミガミさんの何を知っているわけじゃないけれど、大丈夫。
僕は本当に破綻している人を知っているから。
  1. 2006/06/13(火) 22:43:38 |
  2. URL |
  3. おやま #-
  4. [ 編集]

おやまさんへ

いや、わかってますよ。
だけど、そういうことじゃないんだよ、私が考えているのは。「職業」のことじゃなくて「仕事」のことなんだよね。
今、従事していることは職業としてやっているし、今後もずっとなにがしかの職業を持っていきるのかも知れない。
けれど私が意図していることは、そういう次元のことではないのです。
私が考えていることは、単純なボランティアであるとか、特定のどういう人の役に立つ、とか、そういうことではない何かなのです。何かもっと大きな意味合いのこと(アクションとしては大きくなくても)、どう言ったらいいのかな・・・何か社会とか世界とか、に対する貢献ということかな。
曖昧でごめんなさいね。
でも、曖昧だから、考え続けているわけだしね・・・。
でも↑このように言ってくれて嬉しいわ。ありがとう。
  1. 2006/06/13(火) 22:50:20 |
  2. URL |
  3. ガミガミ #-
  4. [ 編集]

おやまさんへ

それと、ほとんどの仕事は「世の中の役に立っている」とでも思わなきゃしょうもないようなことだと私は思っている。
私が書く企画書が、私の望んでいるカタチで世の中の役に立っているとはまったく思わないんだよ。せいぜい何らかの消費活動を促進する程度のものであって、別に、その消費活動だって、なくてはならないものってわけじゃない。むしろ日本における人の消費活動なんか、ほとんどが無駄の上に立脚する無駄な行為なわけだしね。これは卑下しているわけではないのよ。主観ではなくてファクトだと思っている。
しかし、こういうことぐらいでしか私は効率的な所得活動をできないわけだから、それは生きるために致し方ないこと。
だとして、そうじゃない本当の仕事を死ぬまでにするべきだと考えているわけ。それを持って私が「生きた」と言えるような。
  1. 2006/06/13(火) 23:00:40 |
  2. URL |
  3. ガミガミ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/1359-b018055d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。