ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恥の文化について考える

日本は「恥の文化」らしい。が、私は滅多なことで「恥ずかしい」と思ったしりないけど、職場にいるとんでもないバカを見ていると、恥の美徳が私にもあるんだなあと感じさせられる今日この頃。
ほとんどこの業界でしか生きてきていない「キャリア」をお持ちの40過ぎの男が、昨日今日、この業界に入ったばかりの20代半ばの女の子に対して、その女の子の「デキなさ加減」について20分以上、全フロアに響き渡る声で怒鳴り飛ばすわけだ。しかも、黙って聞いていると、何が要点なのかさっぱりわからず、「キミはデキないが、俺はデキる」を言いたいに過ぎないだけ。その御口上を20分にわたって聞かされたあと、具体的な指示へと終演していくのだが、「そんなことなら20分前に言えば3分で済むことじゃん」的なお粗末さ。こういうスタイルってむしろ、「自分がキャリアだと思っている女」特有のものかと思っていたからよけいびっくり。欲求不満とかヒステリーとか、そんな感じ。誰かテキトーな女でも紹介してやれよって感じ。一種のテロだ。
ハタで見ていて、ほんとうに不愉快になる。私にはそんなことできない。恥ずかしくて!

自分がほんとうにデキるのなら、最短距離で納得させる方法をとると思う。それでわからなければ、わかるまで教えると思う。
っていうか、勝手にやらせといて、できたものに文句を付けるくらいなら、私なら最初から何を準備してもらうか、最初に指示して納得しといてもらうと思う。「時間ないんだよ、わかってんの?」って言うくらいならね。
そもそもこれをやって、その子がそいつを尊敬すると思うのかな?怒ったって人はやる気にならない。仕事なんか怒られてやるものではないし。
職場のみんなが辟易していて、各自が目くばせしているんだけど、他の男の子たちはどうして黙っているのか。私にはこれもよくわからない。誰か何か言ってくれない?そもそもうるさくて仕事ができない。私は普段そいつと口をきかない。もし口を開いたら最後、大惨事になるのは目に見えているから、我慢している。

だいたい、自分より明らかに立場の劣る相手に横柄にする男って(女も)大っきらい。こういうヤツは店の兄ちゃんや姉ちゃんとか、タクシーの運ちゃんにも横柄だ。そういう一面は、とんでもないコンプレックスの表れだからね。
女の子たちはみんな、この異常な性格に、なにか納得するポイントを見つけたいがために「よっぽどろくな育ち方をしていないに違いない」というところまで読んでいて、
「両親の仲が悪くて、欲求不満の母親がこのバカ息子を溺愛し、過保護に育てたが、そんな姿を見て育ったので深層心理で女性というものをバカにしている」
という完全なストーリーを組み立てた。たぶん正解だと思う。が、だからといってまったく面白くない。
私なんかいつもの如く「どうせ田舎者に決まってる」と決めつけていたが、東京郊外の出身だった(・・・ま、中途半端な田舎でよけいタチが悪い)。

ホントに、どうしてこんなのが同じ会社にいるんだろう?・・・と考えると胸中は複雑。
まあ、いろんなバカが世の中にはいるけど、私はこの年になるまで、こんなに最悪な例は見たことがなく、逆に考えると今までラッキーだったんだってことか。できれば生涯、知りたくはなかったな。勘弁して欲しい・・・
スポンサーサイト
  1. 2006/06/16(金) 01:13:31|
  2. しょうもない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/1365-254dbb92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。