ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『プルートで朝食を』・・・見たほうがいいね

pluto.jpg久しぶりに時間があいた土曜の夕方、映画好きを誘って『プルートで朝食を』を見に行く。赤坂見附に宣伝ポスターが張られたときから気になっていたのだ。
お話は、アイルランドに捨て子として生を受けた男の子が、女装癖~立派なおかま(「彼女」は純粋で、強く、正しくて優しい)として成長しつつ、母親探しにロンドンに行き、様々な人々に出会い事件に巻き込まれながらも、人間として立派に生きていくライフストーリーを描いたもの。その背後にはIRA(アイルランドといえばつきもの)とか文化的、政治的問題があって、なかなか単純ではない。単なる、捨て子のおかまの母親探しではなくて、親子の邂逅だったり、友情の素晴らしさだったり、人間としての正しさだったりと、重要なテーマがいくつも入っている。重い作品だが、常にユーモアのセンスがきいていて笑わせるし、時折出てくるCGもかわいらしい。
不条理とか理不尽としか言いようがない不運につきまとわれる主人公が、でも人や環境を呪わず、いつも明るく正しく生きていく姿を見て、かなり感動した。私もそうありたいものです。
「人生なんて、ドラマのお話かなにかのようだとでも思わなきゃ生きていけない」的な開き直りのセリフがあって、けっこう響いた。
ferry.jpgそうそう!それから、ブライアン・フェリーが、気色悪い変態の役(主人公は彼に殺されかける)で出ていた!!しかもエンドロールでクレジットを見るまで、あれがブライアン・フェリーだったとは気付かなかった!
とにかく、いい映画だった。男の子(おかま以外)より、女の子に響く話だと思う。見たほうがいいね。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/09(日) 00:58:56|
  2. 映画でガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/1424-d92f16db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。