ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「あれ」よりは面白かった『姫様商売』

himesama.jpgインフルエンサーマーケティングって、結局のところ何?という行き詰まりを感じていたので、普段なら絶対買わない本を買ってみた。
身近なセレブでブームをつくる! 姫様商売
ヒメクラブドットコム主催者による、「身近なセレブ」の囲い方、企業への売り方なんかが綴られている。最初の数ページはこの「ヒメワールド」にドン引きしたけど、中身はリアルで面白かった。
ここで言うヒメは主に20代中心。東京出身で実家暮らしの一般職(なぜなら残業なんかしてたらトレンドの現場に触れる時間がないからね!)。キャリアなんかどうでもよくて、女の幸せは幸せな結婚だと信じて疑わない超コンサバOL。
まあしかし、あれだな。女の消費行動というか、要するに女の思考回路は男には簡単に理解できないものなんですね。男性目線で女性向けの商品を作っても売れない。同様に、こういう組織も男性視点で立ち上げてもうまく行かないかもしれないね。
消費においても女にはとにかく「感覚」が大事。それは恋愛感覚に似ているところがあり、欲しい!と思ったら、どんなに高価でも手に入れるまでは、寝ても覚めてもそのことを考えている。そしてそのモノは、なんでもかんでもブランド品であったり、高いからいいってわけじゃない(そもそも「自分」がブランドだしね)。それを手に入れた自分のハッピーが、その先に連想されているから。そこに対価を払うのだ。もっと言えば、お金やモノじゃないのだ。そこにある「ストーリー」=ワクワク感が大切なの。
というわけで、この著者(主催者)は、「F1」などというマーケティング枠は必要ではない。女性はいくつになっても所属するグループがあるし、そのグループにはいつもリーダー=トレンドセッター=ヒメの存在があるから、と言っている。それは大いに納得できる。
私は似たようなことを別なターゲットでやってみたいのだけど、参考になった。少なくとも、「●ニー●イドアップ」の本より数倍面白かった。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/19(水) 16:25:21|
  2. 本でガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/1449-fd40acf5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。