ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

築地本願寺盆踊り

20060801194535
20060801194534夏はやっぱし、これだけは絶対行きたいの。この土地に越してきてから、必ず行っているんだもの。桜とか花火とか、四季を感じる風物詩は、絶対大切にしなくてはいけない。だって、わかりにくくなったとはいえ、せっかく四季のある国に生まれ育ったんだもの。四季折々の風情を味わえるって、とても豊かなことだと思うからね。
別に盆踊りなんか踊れなくたっていい。実際、輪の中に入ってみても何がなんだかさっぱりわからない。けど、なんか楽しいし、日本人としてこんなもののひとつもたしなめないってどうよ?って危機感感じるんだよね。
それとここは場所柄、粋な姐さん・もと姐さん衆が多くて、非常にカッコいい。ヤクザがいないのもいい。とても土地に根付いたローカル感があって、地味なんだけどすごく好き。
こういう江戸情緒みたいなものを感じられる自分でよかったなと思う。
一方で、日本人てとても不思議な人たちだと思う。会場は、浴衣姿の人が7割。それだけ、この晩に気合いを入れて来ているわけで、そのモチベーションは非常に高い。それなのに、踊っている表情はみんな一様に無表情で、欧米的なわかりやすい「楽しさ」とか、ラテン的な「フェスタ感」とかは気持ち悪いほど一切感じられない。みんなが固まった顔で、一斉に、同じ踊りを踊っているのだ。彼らは楽しくないわけがない。だけど、そういうものを顔や雰囲気に出さない。それが日本文化の根本に流れているものだ、とは理解ができるけれど、客観的に見て、本当につくづく不思議なものだと思う。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/01(火) 19:45:35|
  2. 観察がマーケティングの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/1479-8396a711
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。