ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

精根尽き果て家路につく

すごかった。文京区方面で行われた最後の戦い。
戦いというのは最後はおだやかなもので、そのおだやかさの中にすさまじさがあるものだ。
敵は言った。
「話はわかる。君たちの立場も理解した。我々にも非があった。
しかし、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金なら払わん」。
もう我々はこれ以上、無駄な流血を避ける決断をした。泥沼の地上戦を避け、相手の要求を呑む、ということだ。
しかしながらこの
もんのすごい敗北感
が、疲労に拍車をかけるのであった。
まあ、とにかく、終わったことは終わったのだ。少なくとも今後は、前を見て歩ける。
言葉少なに地下鉄に乗り、私はそのまま家路に向かう。
銀座で降り、松屋に寄って、「蜂の巣」地のバスタオル2枚買う。こういうのが、なんとなく幸せなのかも知れないとふと思った。うまく言えないが。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/22(火) 20:08:26|
  2. 労働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/1546-1b605f21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。