ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の、もっとびっくり!・・・思い込みの激しい人たち

いや~、ホントに。
人は誰でも、思い込みが強いことってあったりするもんだけど、程度問題だと思うのね。
でも、これってどうよ?って思った事象あり。

ま、仮に。
名前を「ブータン(男)」だとします。彼の会社にはピータンという女性がいます。ブータンとピータンは違う部署、違うフロアです。両者は、仕事の件でしか接触がありません。仕事ですから、ピータンはブータンにも真面目に、親切に接します。
でも、そんな「接触」を通じて、ブータンはピータンを好きになってしまったんですね。
で、アプローチ。それも、もっと詳しい話をしたい(もちろん仕事の件で)と言って外に誘い出し、すかさず「ピータン、キミは僕のお姫様だよ!」。
その時点で、ブータンはピータンにプレゼントを用意しています。何かをプレゼントしたいと思ったけれど、何がいいのかわからない。気に入らなかったらどうとでもしてくれ、的なことを言いながら、渡します。
ピータンはすっかり怖くなってしまい、逃げますわね、当然。
そもそもブータンは自分のことを何も知らないのに、自分の何が気に入っているんだろう?って、当然思うし、だいたい、いい年してそんな思い込みの強い男、女なら引きますわ。
けど、その後も仕事のからみがあるので、そーゆープライベートのことはなかったことにして接しますわね。
そうこうしているうちに、ブータンは、自分の思いが叶わなかったことを悟り、ピータンに謝罪のメールを書きます。
いや~、それがまた、すんごいんだよね。
ボクの死んでいたハートをよみがえらせてくれたピータン、ありがとう。ボクの思いが叶わなくて、ボクはそんなに強い人間じゃないからめげちゃうけど、でも頑張って生きていくよ・・・
てな調子で、完全なるブータンのアタマの中のワールドが炸裂。
それを読んでピータンは思います。
「この男、アタマおかしーんじゃないの?」
女の情報網はすさまじいので、こんな出来事はあっという間に友人間をかけめぐります。
そして、それを見せられた女どもはみんな思うのです。
「その男、アタマおかしーんじゃないの?」

もさー、実はブータンの前に「ピータン」なんか存在していなくて、すべてがすべて、徹頭徹尾、「ブータンのアタマの中」での出来事なんだよね。
彼は自分の中で、得手勝手に「ピータン」の人格まで作り上げてしまっている。本物のピータンを見る前に、ですよ~。そんで、そこを全然わかっていないブータン。
「その相手に興味を持っている」ってことと、「その女を好きになる」ってこととは完全に違う別個の事象なのに、こういう人にとっては「同じこと」になっちゃうんだよね。
おそろしいです。
コミュニケーションの徹底した欠如。まさに排除と言っていいくらい、ブータンはピータンに「アプローチ」していません。
相手のことを知る努力も、自分のことを知らせる努力も一切しないで、勝手に作り上げた妄想の中で、すべてのストーリーが完結してしまう。いや、ホントに見事です。
で、たぶんブータンにとっては、「恋に破れたオレ」ってことになって、よりそのナルシスティックな傾向に拍車がかかるんでしょうが、そもそも、これ「恋」じゃないですから。
こんなの恋愛にカウントされません。30も半ばですよ~。こんなんじゃ経験は積めない。だから、今後もますますモテない。
一方で、自分の中で「傷」だけは後生大事に抱えて生きていくわけで・・・。ああ、どうにかしてよ、この手合いの人々。打たれ弱すぎる!!!!

よく、在日イタリア人の男どもが、日本の男のことを「思い込みが激しすぎて笑える!」と言っているのが、私の耳にタコなんだけど、(どーゆーわけだか、彼らってこの手合いの話をなーぜかたくさん知っているのよね~)またひとつ、そんなネタが増えてしまって、私としてはもう、グーの音も出ない!って感じ。
参りました!
スポンサーサイト
  1. 2005/07/28(木) 00:12:56|
  2. しょうもない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/07/28(木) 13:53:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

ヤマバさんへ

違うわよ。でも実話。
  1. 2005/07/28(木) 14:17:35 |
  2. URL |
  3. ガミガミ屋 #-
  4. [ 編集]

これって、高校生の時にやる若気の至りですよね。
30過ぎてやるのは、きっとネタですよ。
もう、普通に誘うのもおもしろくないから、こうでもしないと目立てない…。
なんてことはありませんね。
そういう人間が増えているの日々、感じているので、この記事、分かる気がします。

ところで、この記事は「~にガミガミ」には分類されないんですね。
  1. 2005/07/28(木) 21:59:20 |
  2. URL |
  3. おやま #-
  4. [ 編集]

おやまさんへ

そうね。だから、たくさん経験を積まないとこーゆー30代になってしまいます。気をつけてね!!!
  1. 2005/07/30(土) 13:53:05 |
  2. URL |
  3. ガミガミ屋 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/162-eef80d54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。