ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少しよかった話

夜、ヨーグルトを買うためコンビニに寄り、レジで「あと、キャスターマイルドもね!」と言ったら、「たかはし」という名札をつけたレジのお姉ちゃんが、振り向きざま、なぜか
「Uno?」と確認してきた。
そんな一瞬で、ものすご~~~~~~~~~く懐かしい気持ちになると同時に、とっさに
Si,uno!と答えている私。
すると彼女は、私のヨーグルト6個をUno, dos, tres...と声に出して数え上げ(これもものすーーーーーごく懐かしく、思わず口の端がゆるむ)、レジを売ったあとゆっくりと袋に詰め、
Gracias!
と言われた。
たぶん日系ペルー人とか、日本人と結婚したエクアドル人とかのタカハシさんなんだろう。
私はよく南米系に間違われるから、別段驚かないけど、妙な郷愁感をおぼえ、そんな風にしてもたらされた時間が、とてもゆーったりとして、このクソのようなトーキョーにおいては、むしろ贅沢な感じがした。
スペイン語もイタリア語も似たようなもん、というより、こんな短いやりとりの中にさえにじむ共通のラテン文化がやっぱりとても好きだ。
効率優先のセブンイレブンなんかで、こんなホッとする時間を提供されたのはちょっと嬉しかった。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/27(土) 00:39:39|
  2. 独り言ガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/263-48333657
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。