FC2ブログ

ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読了:村上龍『半島を出よ(上)』

上巻終了。
終わらせたかったので急いで読んでしまいたかった。
正直、半ばごろから飽きてしまったし、この先どうなるのかというドキドキ感も薄かった。

著者はよく調べたのだと思う。北朝鮮について、政治から軍の構造、生活様式に至るまで。同時に日本国内のことも。
けれどもなんというか、だからといって、いい文なのか、いい小説なのかと言えば、違うような気が。
やっぱり村上龍はフィットしない、が結論。
話がどう帰着するのかは知りたいが、でも下巻は買わないだろう。読みもしないと思う。あらましを人づてに聞けば充分だろう。

唯一私が共鳴できた箇所は以下の通り。
七十年近く生きて生きた山際は、木戸のようなタイプを何人も見てきた。そういった連中は例外なく貧しい家庭に育ち、父親との関係が悪く、強いコンプレックスと権力欲を持っていた。学問や仕事において非常に努力するが、他人への過剰な気遣いがあり、そのカタルシスとして弱いものにむやみに威張るのだ。

この箇所だけは、著者の感情が移入されていると感じたし、実際私もそういう人間たちを、そういう目で見ているわけ。

ただ、この小説には徹頭徹尾、日本政府のバカさまぬけさが描かれており、実際さもありなんという感じ。
政府関係者、官僚、こっぱ役人らは是非読むべきだね。一作家にここまでバカにされて、も少しは危機感を持ってもらいたいものだけど、・・・おそらくそんな感覚も麻痺したヤカラどもなんだろうと思うが。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/22(水) 00:41:33|
  2. 本でガミガミ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/43-58c4e8f7

読書感想「半島を出よ」

読書感想「半島を出よ」半島を出よ (上)半島を出よ (下)【はてなダイアリー】http://d.hatena.ne.jp/asin/434400759X【評価】★★★★
  1. 2005/07/26(火) 12:00:13 |
  2. 三匹の迷える羊たち

?Ф衡?ζ

 とにかく疑問なのは村上龍が世界をきちんと認識しているのかということ。テロが起こるためには経済危機的な状況が必要ではあるのだけれどあまりにも現実離れしている感が否めない。ただのエンターテイメントならそれでいいんだろうけど本人はそのつもりじゃなさそうだし。
  1. 2005/11/28(月) 17:54:01 |
  2. a fruit knife and a boy
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。