ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オゾン『ふたりの5つの別れ路』

とりわけチカコちゃんへ。
ozon.jpg今日、見てきた。シャンテで。
なかなか深いものあるわね。でも、とどのつまり、あの男がダメね。あの男はどんな女も不幸にすると思う(なんかL'ultimo bacioに似たものを感じた)。
結局さー、離婚に至るまでにはさまざまなすれ違いがありましたね、ってことだけど、やっぱ決定打は、彼らの家に兄貴とその彼を招いたときに、男が調子に乗りすぎたことよね。ペラペラよけいなことしゃべりすぎたわよ。あれ、やられたら女はショックよ。あなたらならどうする?
ま、でも映画としては『まぼろし』とか『8人の女たち』ほどではないかなあって感じ。過去をさかのぼる手法は面白いと思うけど、手法におぼれた感あり。
あとさー、サントラがほとんどイタリアの歌ってどういうこと?なんか、いきなりさー、"Ho capito quanto ti voglio"とか流れてきてさー、私「プーッ」って感じだったけど、あれって別に笑わせる効果を狙ったわけじゃないのよね?なーんか、フランス語の会話にイタリア語の歌ってさー、マヌケに聞こえるよね~。
ストーリーとは関係なく、最後の舞台がイタリアでしょ?あれどこ、spiaggiaだからサルデーニャかなんか?ともかく、妙に懐かしかった。あのくだらないショーとか。あのくだらなさ加減!

と思ったらね、帰りのバスで、なんと4人のイタリア人よ(2 ragazziと 2 signori)。それもテローネじゃなくて北のヤツ。一人はAsti出身だと言っていた。私は黙って彼らの話を聞いていたわ。けっこう、ごもっともなことを言ってた。おっしゃる通りって感じの。
それと、彼らの口から、生の「Cazzo!」を聞いて涙が出るほど嬉しかった!「おお!」って思ったもの。
ま、こう考えると東京もいろんな人種がいて、ある意味ではインターナショナルなのかもね。あくまで表面上だけど。なのに私はラビオリも手に入らないわけだが。(しつこい?)

・・・みんなに言っといてよ、私が
1)ラビオリが食べたくて泣いた
2)Cazzo!が懐かしくて泣いた

ってこと。
2つも笑いのネタ提供すれば大したもんでしょ?

それとね、今日は衝動的にSISLEYなんかに行き、ジャパン価格でくだらねえ!と思いつつもパンツとセーター買っちゃった。
それからBruno Magliで素晴らしく美しい靴に遭遇!それもジャパン価格、もちろんね。万が一ぴったりだとやばいから試しもせず、買わなかったけど。でも久しぶりに琴線に触れる靴だった。
あ~あ。ほーんと、イタリア行きたいなあ。靴と服が買いたいのよ!
それとさー、考えたら私、日常の会話で
E' bello!とか E' bella cosa!みたいな始まり方することって、ほとんど口をついて出てないような気がするの。よくないよな、それって・・・ってちょっと思った。
でもbella cosa 自体がないんだから、これもpazienzaなのかしら。
・・・そんなわけです。
Ciao bellezza!
スポンサーサイト
  1. 2005/10/07(金) 00:39:58|
  2. 映画でガミガミ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

コメント

私も同感。あの男がダメだと思った。「まぼろし」を越える映画ではないのね。イタリアで「まぼろし」見つからないの。日本に行った時にでも見ようかしら。
確かにフランス語の会話にイタリア語の歌ってマヌケかもね。私は、DVDだったけど、フランス語で見る自信が無かったので(映画をよく理解できなさそうで・・)もちろんイタリア語で見たからイタリア語の歌もすんなりだった。しかも彼等の出会いの場所がイタリアだからイタリア語の歌がいっぱい使われているのかなって感じで・・・あのくだらないショーには私もウケましたわ。やっぱりフランス人の目にもイタリア人てアホっぽくうつっているのかと思って苦笑い。
帰りのバスでイタリア人と遭遇してその場に居合わせた先生の顔が手にとってわかるようだわ。私なんかちょっとした東京滞在でイタリア人に遭遇したりイタリア語聞こえるだけで、イタリアから離れてちょっとしか経っていないのにみょーに懐かしくなるもの。イタリアってね、住んでいると不便でむかついたりする部分も多々あるんだけれど、なんだかんだ憎めない国なのよ。

それはそうと、私10月末から2週間ほど訪日するの。Sisleyなんかだったら欲しいアイテムをいつものように(笑)写メールしてくれればイタリア価格で購入していってあげるのに!

あと、Che bello!って言えること、思えること、日本にだってあると思うけどな。おいしいしらやきだって食べられるんだからラビオリが食べられないくらいで文句いいなさんな。
  1. 2005/10/07(金) 04:38:53 |
  2. URL |
  3. mammachiki #-
  4. [ 編集]

チカコ先生

>おいしいしらやきだって食べられるんだからラビオリが食べられないくらいで文句いいなさんな

・・・・あなたまでSaviniみたいなこと言う・・・
わかったわよ~。
でも文句言わせろ~!
  1. 2005/10/07(金) 13:55:04 |
  2. URL |
  3. ガミガミ屋 #-
  4. [ 編集]

私もこの映画見逃してあーあと思っていたのですが、L'ultimo bacioに似てると聞いて興味が失せた。その映画って結婚前にじたばたする男の話よね?どこかの飛行機で半分眠りながら見たけど、あの煮え切らない男がサイテーだった。

ところでチカコ先生。「あっこちゃん」です。覚えてますか?ミラノではお世話になりました。
  1. 2005/10/08(土) 17:25:21 |
  2. URL |
  3. mistymont #-
  4. [ 編集]

5x2

ようやく観たのでトラックバックしました。
  1. 2005/12/12(月) 12:11:03 |
  2. URL |
  3. mistymont #-
  4. [ 編集]

mistymont さん

そんなにいい映画じゃなかったと思ったけど、気に入った?
  1. 2005/12/12(月) 19:17:47 |
  2. URL |
  3. ガミガミ #-
  4. [ 編集]

それほどじゃなかった。
質感はとても良かったけどね。
  1. 2005/12/17(土) 22:02:58 |
  2. URL |
  3. mistymont #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/446-93cb03a6

フランソワ・オゾン

#IMAGE|b0054876_10444778.jpg|200512/12/76/|left|101|150#]「ふたりの5つの別れ路」。ようやく、ようやく、見ることができた。DVDだけど。ヴァレリア・ブルーニ・テデスキってこんなに美しかったっけ?一昔前は、妹の影に隠れた地味な女性という印象が先行していたけ
  1. 2005/12/12(月) 12:10:11 |
  2. ロングアイランド 気まぐれ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。