ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読了!『強く生きる言葉』岡本太郎

taro.jpgたいへんに共感した。
本当に素晴らしい。
太郎のことを、ただの「変てこな芸術家」としか認識していないとしたら、そいつはただのバカで、そして大変な不幸だと思う。
この本は、太郎が生前発していた小気味のよい言葉を集めたもので、それは彼の美学であり人生哲学である。要するにものの考え方なのだ。
自分、人生、世の中、恋愛などについて力強い言葉が並ぶが、相田ナニガシのようなよくわかんねえ説教(ほんっと大っ嫌い)ではなく、太郎が太郎自身の人生を語っている。
読むと、この「考え方」が私とかなりなところ共通していることがわかり、とても嬉しくなる。「その通り!」と言いたくなる。

彼のもつ世界観は、とてつもなく大きいもので、その考え方は基本的に深いヒューマニズム、人間肯定とつながっている。だから、目の前の小さなことなんかはどうでもいいのだ。
そして「卑しさ」や「みっともなさ」や「後ろ向き」などを徹底的に嫌い、既成概念や常識に立ち向かい、誇り高く生きることをよしとしている。

いや、まったくもってその通り。120%以上、共感できる。
私、最近はなんかこう、低値安定というか、停滞気味な感じ、エネルギーの欠如を感じていたところなので、なんか力がわいてきた感じ。
なにか、ワクワクすること、ドキドキすることなんかを増やさないとダメ。
そう、「芸術は爆発」で、生きるということじたいが芸術なんだから、人生は爆発なのだ。そのことを忘れては、クリエイティブな人間であれるはずがないわけね。
そして何より大事なのは「心の解放」。何か問題にぶつかった時、状況を変えることは自分にしかできない。要はその問題を「どう解釈するのか」ということだ。発想さえ自由にしておけば、どんな状況だって自分のいいように解釈できるのだ。大切なのは発想のシフト。自分のモノサシを持っていさえすれば、他人が決めた優劣や評価、批判などはほんとうにくだらなくてどうでもよくなるのだ。
それができない人は一生人を気にして生きていくことになる。人を気にするから、攻撃的になったり、とりつくろったり、恥ずかしく感じたり、意味もなく傷ついたりするわけ。
私から見て気の毒な人というのは、自分で自分にいろんな制約を作ってしまっている人。だいたい、そういう制約っていうのは、「世間で言われているところのこと」だったりして、まことに実体のないことだったりする。
心はいつも自由でないといけない。制約なんかないほうがいいに決まっている。

特に気に入った言葉は

■目的のない闘い
目的を持たないことが“ぼくの目的”だった。
つまりね、限定された目的なんか持ちたくない。
いつも目的を超えて平気でいる。
そこから自分がひらけていく。
目的なんかない闘いだったが、
それだけが、ぼくが生を貫いていく筋だった。


■人生
人生は、他人を負かすなんてケチくさい卑小なものじゃない。

■一流
格好だけ、
世間にうまく売り込んだだけの一流を相手にしても意味はない。
たとえマスコミに知られない無名の人でも、
自分をつらぬいて生きている人がいたら、
そういう人をみつけてつきあうことだ。


真理ですね。
いろんな人にお薦めしたい本です。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/09(日) 01:22:40|
  2. 本でガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

岡本太郎が生きていた頃は、僕が子どもの頃で、その時は、ただ者ではないのかもしれないが、「変てこな芸術家」としか認識していませんでした。
大学生の時にNHKの日曜美術館を観て、全然、まともに見えました。
今年、岡本太郎美術館に行ったら、彼の考えや言葉が全然色あせていなくて、驚きました。
  1. 2005/10/09(日) 09:57:29 |
  2. URL |
  3. おやま #-
  4. [ 編集]

理屈じゃねぇのよ。って感じだね。ガミガミさんと私、琴線が近いところにあるように思う。

砧だったっけっかな?岡本太郎美術館に行ったことがあるんだけど、そのときに、自分の作品の多くを川崎市に、気軽にどうぞとあげてしまった話を聞いた。物にたいする執着心も、もしかしたらなかったのかもしれないね。岡本太郎が執着したのは、ただ己の芸術、才能だったのかも。

天井天下唯我独尊なりっ!
  1. 2005/10/09(日) 13:40:32 |
  2. URL |
  3. 楽貧まこ #SFo5/nok
  4. [ 編集]

まこさんへ

琴線ということは、感性が似ているんだろう。
自分と同じ感性を持った人に出会うと嬉しいね。バーチャルとはいえ、これも出会い系と言えるかも。ははは。
  1. 2005/10/09(日) 22:05:13 |
  2. URL |
  3. ガミガミ屋 #-
  4. [ 編集]

おやまさんへ

私も行きたいな、美術館。
  1. 2005/10/09(日) 22:05:57 |
  2. URL |
  3. ガミガミ屋 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/449-f6f5c9cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。