ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

この母にしてこの子あり

うちの母。
本当に変わっている。
私は母のアホさ加減に接するにつけ、良くぞ私はこんな母親からマトモに育ったものだ・・・と感嘆せざるを得ない。
同時に、母親の、永遠の少女のような幼さ、つーか、世間知らずさ加減を羨ましくも思う。

今日は今日とて、TVを見ていて(プエルトリコかなんかの話だった)、
母「あなたさー、そういえば、こっちの方面って全然行ってないわね?行けばいいじゃない!メキシコとか。夫(父のこと)は感動してたわよ!行ってきなさいよ!」
私「金がないの」
母「あなた、そーゆー言い方って下品よ!」
私「下品もクソも、現実ってもんよ」
母「それにしても、そういう言い方って下品よ。いつかねー!とか言えばいいじゃないの」
私「品の問題じゃなくて、経済の問題だって!私は現実を述べてんの」
母「はー!あなたって下品!それにしたって、言いようってものがあるじゃない」
私「どんな言いようだって同じじゃん。だから、現実とはとかく下品なものだっつーこと!世の中クソみたいなもんよ」
母「あなたのそういう表現、どうにかなんないの?ホントに品がないわよ」
私「はー!あなたが羨ましいわよ!」

私からしておめでたいと思ううちの母。
ほんとうに幸せな人だと思う。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/22(土) 23:26:28|
  2. 人物にガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/493-fd73d8ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。