ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『シュタイナーの美しい生活』

steiner.jpg『シュタイナーの美しい生活―建築から服飾そして言語』

ルドルフ・シュタイナー
日本では、子供の教育論などの方面で知られているのではないか?
いずれにせよ、彼は神秘・精神主義論の大家というべき哲学者。

この本も、かなり難解である。
そりゃあそうだろう。一読して簡単に理解できるようなら、シュタイナーを読む必要なんかないのだ。
最近は脳みそを思い切り使うような本を読みたくてね。
・・・忘れていたが、私「哲学科」に行きたいと思っていたのだった。信じられないことだが。
そんな学科があるのは学習院で、ちょろいと思って受験したら落とされたんだった!今となっては行かなくて良かったと思うが。
思えば、20代前半くらいまでは小難しい本も好きだったのに、最近はちーとも読まなくなってた。必要としなかったんだと思う。

この本だが、難解だけど、それよりも、巻頭にある「編訳者はしがき」が素晴らしい。
最近読んだ中でも稀に見る目からウロコの文章。
この「はしがき」を読むだけでもこの本を買う価値あり。
詳細はのちほど。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/23(日) 18:06:24|
  2. 本でガミガミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

lecture

シュタイナーで検索してきました。

これはシュタイナーのどのレクチャーでしょうか?
レクチャーの日付、場所を教えていただけますか?
お願いします。

  1. 2005/11/02(水) 17:48:03 |
  2. URL |
  3. chamokayo #oHhf7uyw
  4. [ 編集]

chamokayoさんへ

「現代文明と美的生活」「建築の意味」1914年12月、1915年1月、ドルナッハで。
「建築と衣服」「古典主義とロマン主義」「詩の起源」1923年6月、ドルナッハで。
「言葉の発生」1922年8月、ドルナッハで。
「人間のリズム」1909年1月、ベルリンで。
「自然の不思議」1923年10月、ドルナッハで。

以上です。参考になるでしょうか?
  1. 2005/11/02(水) 23:14:07 |
  2. URL |
  3. ガミガミ屋 #-
  4. [ 編集]

Thanks

情報どうもありがとうございました。
日にちまでは、書いてなかったですか? 
度々すみません。



  1. 2005/11/02(水) 23:35:10 |
  2. URL |
  3. chamokayo #oHhf7uyw
  4. [ 編集]

chamokayoさんへ

ありますけれど、正直言って、そこまで書くのめんどくさかったのです。
時間があるときに、改めて書き直します。気が向けばですけれど。
  1. 2005/11/02(水) 23:37:51 |
  2. URL |
  3. ガミガミ屋 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/494-ce5bf9fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。