ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目からウロコ

30オンナの雑誌『NIKITA』(はっきり言って、ハマってしまう!この本のターゲットは広く30代を指しているのではなく、まさにバブルを経験した私ら世代にピンポイントだ!しかも完成度が高く、毎回毎回このテキストには吹き出させられる!)の今月号は、「30オンナのモテ美容」とかなんとか。
パラパラめくってみるどころか、熟読してしまった。
そして目からウロコ!
「目元なんか、いくらケアしたってどうせくすんでしまう。くすみには勝てない。それなら最初っから“くすみ系メイク”で朝からくすませておけ」
という逆転の発想指南にはグーの音も出ない。「参った!」って感じ。
だって考えたらそうなのよね~。そうなのよ!朝、どんなに気合いを入れても、寝不足による目まわりのくすみは夕方さらにひどくなる。もうさー、小手先の技術ではカバーしきれないわけ。ええ、そして今、私はアンチエイジング系コスメに大量の金額を投下し始めたところなんだけど、それだって「ホントに効くのかよ?」と疑心暗鬼なわけだしね。
それだったら、もう、確実に目元いっちゃってる感を最初っから演出しておく方が得策なのよね。
で、そのくすみ系メイクだってテクニックがいるわよ、と言っているわけなんだけど、テクニックを駆使してそんなメイクを施すには、やっぱり朝、相当程度の時間と労力を要するわけですね。
朝の化粧に時間をかけるのは当たり前っていう前提で、もうこうなったら、きちんと手間をかけて、ヒアルロン酸とかレチノールとかの応急保湿ケアに時間を割くよりは、上モノ勝負なんだよね。がっちり化粧したろかな・・・遅刻してでも・・・って気になってきた。

ちなみに『NIKITA』の発売時コピーがここにあるんだけど、これがすごい!
『モテる女になりたいですか?』
チヤホヤされた若かった時代を過ぎて「近頃サッパリ」モテないあなた!
一体ナニがいけないのか?
そう、もう若くはないのです。
でも、あなたはコムスメには太刀打ちのできない経験値と経済力を持っているハズ。
後は「モテるテクニック」を身につけるだけ。
ひとりよがりのモードおたくな努力、あるいは「自立」に逃げてきた結果が孤高の「凄い女」を生むワケです。
でも、そこにはシアワセはない?
大人の女はテクニックの有る無しで人生の
シアワセ度が大きく異なるのです。

私の場合<「自立」に逃げてきた結果の孤高の「凄い女」>ではあり得ないんだけど、なかなか胸を打つ名コピーですわ。
そう、ターゲットが「昔の自分/今の自分」をきっちり認識して受け止めていることが前提となっているところが、この本の魅力。「昔はモテたけど、近頃モテない」っていうことに危機感を感じている女がターゲットってところが、すごいところだよね。

私も来年のテーマを「戦線復帰」にセットした(いろんな意味での戦線よ。復帰するの!前線に飛び込むのよ!)ので、いっちょ頑張ってみよう!って気になってきた。
・・・とは言え、朝はいつまでも寝ていたいけどね。・・・まず、そんな自分に勝つことから!
スポンサーサイト
  1. 2005/12/09(金) 00:40:46|
  2. アンチ・エイジング!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

確かに心うたれました>コピー

なんか、握った拳に力が入りました。現実を見て発想の転換をしなければならないのね。小娘ちっくなのを売りにしてはいけないのね。そうだ、現実を見ろ!<自分
  1. 2005/12/09(金) 15:11:48 |
  2. URL |
  3. pechinda #eP1cGWnA
  4. [ 編集]

pechindaさんへ

>握った拳に力が入りました
わかる!その感じ!!
  1. 2005/12/09(金) 15:27:06 |
  2. URL |
  3. ガミガミ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/619-a3566e7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。