ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『SAYURI』・・・私が女優なら、断るね!

sayuri.jpg夜、『SAYURI』を見る。
いや、わかってたけど、いかばかりなものかと思ってね。一応ね。

■結論:
・アホか!近年まれに見る壮大な駄作。見るのは時間と金の無駄。
■上映中考えていたこと:
・こんなものを作る金があるなら、私ならもっと有効なことに使える。
・多くを期待していなかったが、せめて1つくらいは「よくできてる」と思わせるものが欲しかった。
・桃井かおり、もっと英語うまいのかと思ってた。WorkとWalkが違ってますよ。
・さすがに工藤夕紀はうまい。
・つくづく『ラスト・サムライ』ってよくできた映画だったなあ。
・つくづく『吉原炎上』ってよくできた映画だったなあ。

アメリカ人から見た「日本」とか、日本文化を誤解しているとか、芸者と花魁をはき違えてるとか、そーゆーこと以前の問題。
むちゃくちゃな時代考証、むちゃくちゃな衣装、むちゃくちゃなロケ地とセット、むちゃくちゃなシナリオ、まるで心に響かないセリフ展開・・・というわけでまったく説得力のない映画でした。私もこんな金の使い方してみたい!
スポンサーサイト
  1. 2006/01/05(木) 00:48:33|
  2. 映画でガミガミ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

コメント

遅ればせながらBuon anno!!!
これ、イタリアでは、Geishaなんたらかんたらというタイトルで現在公開されていて、来週夫の友人夫婦から一緒に見に行こうという誘いを先日受けたのよ。先生のコメントみて、ちょっと見る気がうせたのだけれど、とりあえず、イタリア語バージョンでみてみるわ。
そうそう、話変わって、今年のConcerto di Capodanno!
よかったわよね~~。イタリアでは、ウィーンのconcertoの前に、フェニーチェのconcertoがRAIで流れたのだけれど、そこでもフィガロの結婚の序曲やってたわ。モーツァルト生誕250年!今年、ウィーンやザルツブルグに行ったらとっても素敵なイベントやっていそう!行きたい~~~。
  1. 2006/01/05(木) 09:15:39 |
  2. URL |
  3. チカコ #-
  4. [ 編集]

チカコちゃんへ

ウィーン行きたい~!素敵でしょうね~!
・・・行くか?行く?
  1. 2006/01/05(木) 13:08:51 |
  2. URL |
  3. ガミガミ #-
  4. [ 編集]

私も観たよ~

私もこの映画観たよ~。そして感想は、ガミガミくんとは反対だった。日本人の目で見なければ、それなりに面白い作品だったと思う。ラストサムライ、あれ、良かったスか?私は、日本の昔の文化や生活習慣に偏った美意識を感じるアメリカ人たちの作った典型的なpoor workだと思ったよ。だいたい、鉄砲隊に対して刀だけを持ち一気呵成に攻め、ほぼ全滅した中でトムクルーズだけが生き残るのがそもそも納得できない。小雪はきれいでした。
  1. 2006/01/05(木) 23:09:27 |
  2. URL |
  3. 楽貧まこ #-
  4. [ 編集]

まこさんへ

海外に住んでりゃ感覚おかしくなるのは当たり前。
私もイタリアにいるときは日本人なら絶対反応しないものに反応したり、逆だったり・・・・
まあね。
どっちがどうとは言わないけど、SAYURIは最低。
  1. 2006/01/06(金) 01:19:25 |
  2. URL |
  3. ガミガミ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/689-5a853e1a

SAYURI

仕事が終わった後、丸の内プラゼールで「SAYURI」を観て来ました。 「シカゴ」の監督・ロブ・マーシャル監督と スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮による豪華絢爛の芸者の世界を映像化。 キャスト陣もアジアのオールスターが勢ぞろい。 主演のさゆりには清楚な美
  1. 2006/01/07(土) 03:20:41 |
  2. ナナシ的エンタメすたいるNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。