ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

で、また食べる

kambusa01.jpgはっきり言ってシーズンオフなので、レストランはどこもかしこも閉まっている。私たち食べられるのか!わざわざここまで来て食いっぱぐれ?それともどっかのピッツェリアかなんか?折角お魚食べに来たのに・・・と心配していたら、ここは開いていた。

kambusa02.jpgエレガントな店内。食べに来ているお客さんもそれなりの人々。
我々はいい時に入った!このあとわんさか人々が入ってきた。
やっている店はここだけだから当然なのかもしれないが。

kambusa03.jpgさてさて我々の食べるものは、ビシッとお魚類に決まっています。
アンティパストは「タコ」。これが日本ではちょっと発想できないと思うけど、薄くスライスされたものが丸い型にプレスされている。だいたい、イタリアではタコを食べるのは海辺の限られた地域のみ。10年以上前、フィレンツェに住んでいた時、地元の人間に「あなた達ってタコを食べるのよね?げー!」って言われたことある。「タコのうまさを知らないで生まれてきてよかったなんて言える?」と私は言い返した・・・なんてことをぼんやりと思い出した。私って強かったな。
ま、ともかく、このタコは塩、こしょう、オリーブオイルで食べる。これもまた、おいしいよ!

kambusa04.jpg続いてホタテ貝。
しっかり新鮮なので貝柱が貝にへばりついている。

kamubusa05.jpgこのシズル感が伝わるかしら?(大きくして見てね)
この新しいデジカメ(前の方が使い易かった!)にも慣れてきたかしら?

kamubusa08.jpg私のプリモはさんざん考えたけど、これ!タリオリーニ(scampi al curry)。イタリアで「カレー風味」なんて出すところほんっとに少ない。これだけでも店の冒険心が表れている。じゃ、その冒険を買った!ってことでオーダーしたのよ。
でね、うまい。うまいんだけど、3口目には飽きてしまった・・・。すごく細いタリオリーニ。食べても食べても減らない。やっぱトラディショナルにしとくんだった・・・

kamubusa06.jpgこちらはロブスターのパスタ。

kambusa07.jpgカニのパスタ。

この後、セコンドはロブスターのカターニャ風、って決めてたんだけど、もうさすがに入らない。お昼なのよね、考えたら。いくらなんでも食べすぎよね、私たち。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/26(木) 19:57:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/820-b88448ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。