ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(昨日の話)ヴェローナ最後の夜

neve_verona01.jpgそんなわけで、昨夜は景ちゃんたちと過ごすヴェローナ最後の夜。
はっきり言ってこんな雪の中出かける意欲はさらっさらない私だが、景ちゃんと裕子ちゃんは力強く「出ようよ!食べようよ!」。
「ねえ、別にこれで私達この先一生会えないわけじゃないんだよ~」とか「別に1食ぐらいぬいたって人間生きて生けるのよ」などと消極的な私だが、彼らの強い意志に引きずられ、外へ出るとこの通り!

とはいえ!
奇妙なことに、雪が深く積もっているのは家の周辺のみ!中心地に向かうと、まったく積もっていない。やっぱし彼らに従って外出してよかった。
verona_cena01.jpg

連れて行ってくれたのは、Castello近くにある小さな小じゃれたお店。アマルフィ出身のシニョーラ(フランソワーズ・モレシャンに似てる!)がすごくエレガントでしかもcortese、だけど感じいい!絶対ミラノにはいないタイプ。そしてシェフは彼女の若いだんな(どう見てもだんなは10歳は若い!勇気づけられる!)。
verona_cena02.jpgお店の中はこんな感じ。シンプルだけどすごく感じいい。音楽もセンスよかった。ミラノにはない感じ。
話は変わるがヴェローナは天井が木というお店や部屋が多くて驚いた。やっぱし木ってぬくもりがある。

verona_cena03.jpgさて、私のプリモだが、これはカルチョッフィのスープ。日本に帰ったらアーティチョークなんか、そうそう食べられないもの。
で、これはポタージュ状になっている。おいしい!カルチョッフィって身体にもいいみたい。二日酔いに効くみたい。

verona_cena05.jpgしかし、そうは言ってもこの日は日がな1日パソコンに向かっていたわけだからお腹なんか空いていない。
とは言え、食べないでどうすんの!というわけで、私の取った選択は、セコンドにリゾット。
これ、アマローネのリゾット。写真ではわからないけど、色がものすごく美しいラベンダー色。こういう色のセーター欲しいのよね、カシミアで。
この前の店でも、リゾット食べたが、あちらはレチョットのリゾット。この日のこれは、アマローネ。酸味が利いていて上品。

verona_cena06.jpgこれは裕子ちゃんのセコンド。牛肉にグレープフルーツの果肉とソースでさっぱりしてる!絶品!

verona_cena07.jpgドルチェはこれ。ティラミスのようでティラミスじゃない。おいしい!
このあと積もる話に花が咲きつつグラッパを3杯づつ頂きまして、身体があったまったので店を出た。
車の中でなぜかオフコースの「さよなら」を歌い、歌詞についてケチをつけまくり。男って勝手なんじゃないの!おめでたいんじゃないの!っていうような話。そのあと「雨の御堂筋」と「あの鐘を鳴らすのはあなた」を歌う。どれもこれも歌詞にケチつけまくり。だって「町が眠りの中」にあるときに、鐘なんか鳴らされたら迷惑じゃない?などという話。・・・くだらねえ。つまり最高!
スポンサーサイト
  1. 2006/01/28(土) 03:54:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/835-408f16f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。