ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヴェローナ→ミラノの車窓から(1)

treno_verona01.jpgもうさー!
久々に「これこそイタリア!」な体験。
ヴェローナ駅に着くと、切付を買う人々で超ごった返している。その数数百人・・・か知らないけど。なにしろ記録的大雪のせいでダイヤなんか乱れに乱れているのだ。で、切符売り場の窓口は10ヶ所あるのに開いているのは3ヶ所のみ(あとでミラノのお母さんに話したら「それだけ開いてりゃ御の字ってもんよ!」と言われる)。とにかくね、こういう光景がイタリア。だけど私は相当気が長くなったらしくて、あんまりイライラしない。で、ようやく私の番になって、切符を買ってホームに上がると、ちょうどいい具合にミラノ行きの列車が来た。どうなるかと思ったけど、すんなりいってラッキー!この旅すごくラッキーの連続だ!


treno_verona02.jpgヴェローナを出てしばらくは、残っている雪を見ていた。この時点でヴェネトはもう雪は降っていなかった。

treno_verona03.jpgDesenzano過ぎた辺り。グリーンの水の湖、低く雲のかかった山。町に調和しているカラフルな建物。
しつこいかもしれないけど、イタリアって本当にきれいだなと思う。人間美しいものをしょっちゅう目にしているだけで心が清らかになると思う。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/28(土) 05:52:58|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/837-8894c5fa

ヴェネトへの思い

人気商品ですね。イタリア産のワインを友人から頂いた事があったので今度は自分用で考えてます。風味もよく、香りもよく、食欲がとても進みますよ。値段の割には美味しく満足です。ワインは安いものを・・・と言われますが正に実感です。正直本当にお試しだったんですけど、
  1. 2007/08/04(土) 11:47:28 |
  2. イタリアの1日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。