ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヴェローナ→ミラノの車窓から(2)

20060128055501.jpg
列車がヴェネトとロンバルディアの州境に来たあたりから雪がものすごい勢いで降っている。こんなふうに降る雪を見たのは人生で初めて。なんとなく嬉しい。

20060128055838.jpgしかしねえ、私は1Classeに乗ったにもかかわらず、車両に暖房が効いてない!
他の乗客が車掌にどうなってんのか尋ねると、
「暖房は壊れてる。9車両のうち4車両は壊れてる。メンテナンスできてないから。それなのにストをすればみんな文句言う・・・」としれっとした顔でのたまった。彼が言いたいのは、というかこの話のコンテクストは、「国鉄労働者の待遇が悪いから、最低限度の仕事しかしない(のは当たり前)。暖房きちんとつくようにして欲しけりゃ、彼らが待遇改善を求めるストに理解を示したらどうなんだい?」というお話。
まあ、その論理の是非はどうでもいいが、そういうことを車掌がしらっと言える社会の方が健康的だと私は思う。賛否あるだろうが。だって、みんな言い分があるのだもの。そして、それを口にする権利ぐらい、あったっていいだろう。
とは言え、こういったイタリア固有の文化とも言うべき問題の被害者となり、私は仏頂面で1人コンパートメントに。本当に毛皮とブーツがなかったら死んでいる。

20060128055657.jpgブレシアではこんな感じ。

20060128060034.jpgLambrate。最悪の場合、ここで降りてもいいと思ったが、そういう時に限ってランブラーテには止まらず。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/28(土) 06:11:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/838-8a283ca3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。