ガミガミ主義(全米ガミガミ屋協会公認)

食べるために生きるのであって、生きるために食べるようにはなりたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Check

<毎日新聞>

見る:特別企画展「ドイツ人特派員が撮った昭和26年の日本」--25日から /東京

 ◇千代田区で写真展
 特別企画展「ベルント・ローゼ写真展『希望の光』~ドイツ人特派員が撮った昭和26年の日本~」が25日から4月9日まで、昭和館(千代田区九段南1の6の1)で開催される。ドイツの国立プロシア文化財団絵画アーカイブが所蔵する約1200万点に及ぶ写真資料のうち、「ノイエ・イルストリアテ」誌特派員であったベルント・ローゼ氏(1911~95年)が撮影した写真約100点を厳選したもので、国内初公開となる。
 ローゼ氏は1951(昭和26)年、戦後初めてのドイツ人カメラマンとして来日。日本各地を回り、紙芝居を見る子供たちや一般家庭での食事風景、相撲観戦といった日常から、被爆地広島の様子まで、復興する日本の生き生きとした様子を写真に収めている。
 広島をたずねた時には「これほど明るく朗らかな笑顔を、ほかの日本のどの町でも、見ることがなかった」と再建に取り組む広島の人たちの様子を記している。こうしたローゼ氏の記事も同時に紹介する。【若井耕司】
 《メモ》
 同企画展は入場無料。開館は午前10時~午後5時半(入館は同5時まで)、毎週月曜日休館。問い合わせは同館(03・3222・2577)。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/08(水) 15:50:37|
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamigamism.blog13.fc2.com/tb.php/866-c56f0a6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。